午前10時までのご注文で在庫がそろえば当日出荷(土日祝休) 送料600円(沖縄・離島以外) 8,800円(税込)以上ご購入で送料無料

魂の商材屋本店 創業21周年

オーガニック無添加専門店『魂の商材屋』本店
はじめてのお客様ご利用案内お問合せFAX注文定期宅配
新規会員登録ログインお気に入りランキングカートをみるお客様の声
こんにちは、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
( 保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント /会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__ )
人気カテゴリ 当店オリジナルモリンガ無添加シャンプー化粧水無添加石鹸豆・ごま美容液・乳液ヘアブラシミネラルお洗濯
ご来店誠にありがとうございます!当店は1998年にネット通販を開始したオーガニック無添加専門店『魂の商材屋』でございます。志は高く、敷居は低くしてお待ち申し上げておりました。販売するのは「妥協なしの徹底的な無添加」だけ。安心安全を心と共にお届けいたします。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。お電話注文も承っております。◎全国一律送料600円、商品代金8,800円(税込)以上送料無料です。(※沖縄県以外)
コンシェルジュ

健康と美容のコラム

健康と美容のコラム

健康と美容のコラム

世の中には健康・美容に関するさまざまな情報が飛び交っています。

どの情報を信じていいのか分からなくなることありませんか?また本当に何が良いというのでしょう?

自分自身の選択基準がはっきりしていないために、ついつい、マスメディアや大手企業の思惑に乗せられ買ってしまう。

「様々な情報を自分で取捨選択する」必要性と能力はこれからますます重要になってきます。

ここでは、魂の商材屋が健康と美の本質を探りながら、皆さんに最低限知っておいて欲しい大切なことをお伝えしていきます。

この中からお客様にとって有益な情報があれば、毎日の生活の中でお役立て頂ければ幸いです。

健康関連

当店の「健康」の考え方
ミネラルについて
ミネラルの重要ポイント
作物のミネラルの減少の驚くべき実態
にがりはお奨めしません
食品の期限表示について
ヒバ精油で虫よけスプレー作ってみよう!

美関連

当店の「美」の考え方
当店の「石鹸」の考え方
生活用品の要注意成分
石鹸Q&A
石鹸製法の違い
使用オイルによる石鹸の使用感
石鹸シャンプーについて
石鹸カスは良くない?
当店シャンプーと他社の成分比較
もう間違わない!安心シャンプーの選び方
「アミノ酸系シャンプー」なら安心なの?
界面活性剤の入ってないシャンプーは?
トリートメントとコンディショナーの違いについて
シャンプーのやり方 (頭皮マッサージやってますか)
「プレ化粧水」を行う意味と目的
化粧水セレクト早見表
UVケアの「SPF」、「PA」とは
キャリーオーバーとは 
旧指定成分とは?

健康・美容の独自アンケート

健康・美容の独自アンケート

健康・美容関連の、当店独自で行ったアンケート調査の結果です。ご参考にして頂ければと思います。

尚、このアンケートは当店ユーザーではなく、一般消費者の方を対象に行った結果です。


「食品について」という題目での独自アンケート調査結果です。当店のお客さまではなく、294名の一般消費者の方にご回答いただきました。

好きな麺の1番は「そば」かと思っていましたが「うどん」。

また、食品購入時に賞味期限を気にする方が「14%」ということが予想外でした。賞味期限は80%以上の方が気にされるかと思っていましたが、実態はそうではないようですね。


モリンガについて」という題目での独自アンケート調査結果です。当店のお客さまではなく、279名の一般消費者の方にご回答いただきました。

モリンガをご存知の方が約80%もいらっしゃいました。知名度はもっと低いかと思っていましたがこの数字には驚きました。そしてモリンガ商品をお使いの方の85%がモリンガサプリメントのようです。

これからの当店の課題は、モリンガ化粧品をもっと広め、使用者をもっと拡大することに自ずと導かれました。

今回のデータはとても貴重で、参考になりました。※このアンケートは2021年8月現在のものです。

モリンガはご存知でしたか?

(Q1で「はい」の方のみ)
			モリンガ商品を使ったことありますか?

(Q2で「はい」の方のみ)
			どんなモリンガ商品ですか?

サプリメントは飲んでいますか?

何種類のんでますか?

どのようなサプリメントですか?

どのくらいの期間のんでます?

発酵食品は好きですか?

どの発酵食品をよく召し上がりますか?


どちらの石鹸がお好きですか

全身洗いはどちらでしますか

洗顔はどちらでしますか

石鹸シャンプーをしたことはありますか

アレッポの石鹸はご存知でしたか

石鹸に支出できる許容範囲を教えてください


化粧水は何を重視しますか

今お使いの化粧水価格は

どのタイプの化粧水をお使いですか

化粧水のあとは何をお使いですか

ボディローションはお使いですか

多目的で使える化粧水を使ったことがありますか

無添加やオーガニックの化粧品に興味はありますか

<多目的に使える化粧水ならこれ!>
スーパーウォータープラス

月桃という植物はご存知でしたか

<月桃を使ったオリジナル化粧水>
アルピニエッセンスローション

肌質を教えてください

お肌で気になることはありますか

毎月の化粧品代はいくら

エイジングケアの対象年代は


プレ化粧水フルボ
プレ化粧水フルボ

「プレ化粧水」はご存知でしたか?

「プレ化粧水について」という題目での独自アンケート調査結果です。当店のお客さまではなく、191名の一般消費者の方にご回答いただきました。

「プレ化粧水」という言葉をはじめて聞かれた方が45%、取り入れておられる方が36%。

まだまだ知られていないようです。プレ化粧水はスキンケアをされるすべての方に使って頂きたいものです。

「拭き取り」をしていますか

「プレ化粧水」は聞いたことありますか

洗顔・メイクなふぉのコスメ残留物はあると思いますか

アルカリの化粧水を使ったことがありますか

アルカリ化粧水に抵抗はありますか

ピーリング専用商品を使ったことはありますか

拭き取りで重視したいことは


乳液はお使いですか

乳液のイメージは

化粧水のあとに使うアイテムはどれですか

オーガニックや無添加の化粧品は使いますか

この商品の香りは天然ダマスクローズですがお好きですか


バームタイプの使用経験はありますか

バームと聞いて何を連想しますか

どの部位に使いたいですか

クリームは使いますか

クリームを使う時期は

オイルは使いますか

<多目的に使える化粧水ならこれ!>
スーパーウォータープラス



髪・頭皮のお悩みについて」という題目での独自アンケート調査結果です。当店のお客さまではなく、380名の一般消費者の方にご回答いただきました。

髪・頭皮にお悩みのある方が増えています。当店のお客さまからもほぼ同様のご質問が少なからずあり、的確と思われるシャンプーやヘアケア商品をご紹介させて頂いています。

先天的な要因は小さく、食生活や使用しているヘアケア商品に起因するものが大きいのではないかと考えられます。

そのシャンプーを選んだ理由

あなたの髪質を教えてください。

髪&頭皮の状態で何が気になりますか?

薄毛に悩んでいますか?

いつ洗髪をしていますか?

洗髪の頻度は?

ヘアカラーはしていますか?

そのシャンプーに化学成分が含まれていることを知っていますか?

化学成分が入っているなら買い替えますか?

ヘアケアで最重要視するポイントは何ですか?


シャンプーや洗髪等について」という題目での独自アンケート調査結果です。当店のお客さまではなく、658名の一般消費者の方にご回答いただきました。

ほかの方がヘアケアにどれだけのお金と時間を費やしているのか皆さま興味あるところかと思います。

コンディショナーよりもトリートメントを使っている方が多かったのは予想外でした。

また洗髪時に頭皮マッサージをしていない方が28%もいたのには驚きました。頭皮のかゆみ、べたつき、臭いの相談をされるのはこの方々かもしれません。

髪の長さを教えてください

どのようなシャンプーをお使いですか

泡で出すシャンプーを使ったことはありますか

お好きはシャンプーの香りは

栓p津の頻度はどれくらいですか

シャンプーはどれくらいもちますか

シャンプーの価格帯を教えてください

洗髪前にブラッシングはしますか

朝・日中のブラッシング時に何を使っていますか

シャンプーをつける前の予洗いはしますか

シャンプーと一緒に何をつかってますか

洗髪にかける時間は

頭皮マッサージにかける時間は

お手入れには何を使ってますか

あなたの髪にもっと欲しいのは

シャンプーに “ 一番“ 求めるもの

     

配合してあれば買わない成分があれば記載してください

配合してあれば買わない成分 回答数
シリコン 31
ラウレス硫酸ナトリウム 15
着色料 11
ラウリル硫酸ナトリウム 10
石油系界面活性剤 7
合成界面活性剤 7
アルコール 6
香料 4
鉱物油 3
防腐剤 2
ジメチコン 2
パラベン 2
紫外線吸収剤 1
ラニウム(市販に多い泡を作る成分) 1
発がん性物質 1
合成洗剤 1
ベタイン 1
合成保存料 1
サルフェート 1
プロピレングリコール 1
スルホン酸 1
フェノキシエタノール 1
コチニール色素 1
カモミール 1
ヒドロキシトリモニウムクロリド 1
合成系は極力避けてます。 1
あわない成分が何か分かりませんが、とにかく色々な成分が入っていると頭皮が痒くなります。 1
特にはないのですが、なるべく無添加で頭皮に優しいシャンプーは常に気になっています。 1
洗浄力が強すぎるもの。 1
オレイン酸高配合のオイル(頭皮と髪がべたつくので)。 1


髪のお悩みは何ですか

アウトバスでのご使用経験

オーガニックや無添加ヘアケアのご使用経験

ヘアミストに期待したいこと


『日焼けについて』 という題目での独自アンケート調査結果です。当店のお客さまではなく、186名の一般消費者の方にご回答いただきました。

市販品の日焼け止めアイテムはクリームや乳液タイプが圧倒的に多いので想定内の結果です。

日焼け止めについてのアンケート

日焼け止めについてのアンケート

現在の日焼け止めに満足していない点は?

乾燥してし肌荒れを起こす

UV対策ができているか実感がない

いくら塗っても日焼けしてしまう

カサつくのに、ベタつく

キシキシする、汗で落ちてる気がする

クレンジングした後の肌が疲れている感じがする

シカシカする手触り

しっかり日焼け効果があるのかわからない

シミが出来た

すぐ落ちてしまう

つけるのが面倒臭い

テカリ

テクスチャーが重い

ベタつき

ケミカルなところが気になる

乾燥する

無添加じゃないから

汗かきなのですぐ落ちるし、塗りなおしたくても汗が吹き出しているので拭ってもすぐ汗が滲み出て湿って塗れない状態になってしまう

汗で落ちている気がするので

効果が不明

クレンジングが必要

手が汚れる

伸びが悪く、ベタつく、白くなる、匂いが嫌い

値段が高い

塗りムラがある

塗り直しでメイクが崩れる

塗るときに手が汚れ、またそれを落とすのも大変なのです

塗るのに時間がかかる

塗布後ボロボロ落ちてきたから

白浮きしてしまう

肌にあまりよくない成分がたくさん入っているからです!

肌に悪いから使わない

肌に優しくなさそう

髪の毛には使用できないので

風呂で落としにくい

日焼け止めについてのアンケート

こんな日焼け止めがあれば(欲しい)という要望は?

1つで髪の毛、唇、身体の日焼け止めができる

UV対策と美白効果どちらもあるもので、肌に優しいもの

ウォータープルーフだけれど、石鹸で簡単に落ちる日焼け止め

オーガニック

オールインワンゲルと一緒になった日焼け止め

カラーコントロールのできる日焼け止め

ささっと簡単に予防できるもの

さっぱりサラサラなのに、日焼け止め効果はしっかりあるもの

しっとりタイプが欲しい

スプレータイプで持ち歩きに便利

つけると美肌効果がある

テカらず落ちにくい

ノンケミカル、ベタつかない、手軽、白くならない

パウダーなのに、高密着、サラサラ

フルーツの香りつき

べたつかず保湿しながら紫外線をカットしてくれるもの

ボディソープで簡単に落とせる

ミストなら手軽で持ち歩き、いつでも一吹き出来るから欲しいです

メイクが崩れなく、ミスト系のもの。スプレー系でも、鼻に入らなく、そして敏感肌でも安心して使用できるもの

衣服に白く付かない

一度塗ったら夜まで効果が持続する

可愛いボトルでテンションも上がるような日焼け止め!ベタつかず軽い感じでSPAが高いもの

乾燥しにくい日焼け止め

汗にとても強い

汗をかいていても大丈夫なもの、また制汗剤・日焼け止め・虫除けをどの順番で塗ったらいいかわからないので全部1本で済むものがあったらうれしいです

軽くてノンケミカルで石けんで落とせる

香りで癒されるもの

使いやすい

子供と共用できるもの

紫外線吸収剤なし、ノンシリコンタイプ

手が汚れず、ベタベタしない日焼け止め

手軽にムラなく使える

浸透性の良い日焼け止めです

制汗剤のようなスプレー

石鹸で落ちて、美肌になる

絶対に焼けないけど落としやすい、白くならない、ベタつかない

全身に使える

虫よけ効果がある

朝1回塗るだけで1日保湿も十分感じながらUV効果があるのが欲しいです

低刺激

天然成分なのに効果が高く落としやすい

塗り直さなくても1日持つ日焼け止め

塗るたびに(2度塗り)日焼けしにくくなる

日焼け止めの効果なくなる大体の時間を知らせてくれる日焼け止め

白浮きしないもの

肌が疲れない日焼け止め

肌色の下地にもなるUV

髪や、化粧の上でも使える

飛び散りにくく、噴霧した時にむせにくいスプレータイプ。日焼け止め独特の匂いも無くなれば最高なのですが難しいですよね…?

健康の考え方

健康の考え方

健康の基本7箇条

健康の秘訣は『食生活』にあり!(好き嫌いをなくし感謝していただきましょう!)

野菜・穀物は毎日しっかり食べ、しっかり出す!

化学物質(人工の添加物)の多い加工品・インスタント・ジャンクフードは控え目に

化学物質(薬品)の入った化粧品・石鹸・シャンプー・生活用品をは疎遠になろう!

体が喜び心ワクワク、元気の出る良いことを率先して行おう

人生前向きに考え、勇気・自信・責任ある行動を心がけよう

怒らず、常に笑顔・正直・親切・感謝の気持ちを忘れることなかれ!

食卓イメージ

人のカラダをつくるのは口から入れたものだけ!

当然ですが、人の体をつくるのは食べ物からだけです。

栄養素バランスを考え、野菜・穀類・海藻等類などを毎日ちゃんと食べていれば健康を維持しやすくなります。

一方、高カロリー・低栄養素のジャンクフードや化学添加物がたっぷり入ったインスタント食品・加工食品・スナック菓子等を常食しているとどうなるかはもう察しがつくはずです。


私たちの健康をつかさどるのは毎日の食生活

毎日の食生活が最も大事なのですが、何かと忙しい現代人は、体が喜ぶような食事を毎日摂るのは容易ではないと思われます。

そこで、栄養素補助を目的とするサプリメント等に力を借りなければならない場合も出てきます。

ただし、食事の見直しを怠り、手っ取り早くサプリメントに依存するのは本末転倒です。

サプリメントはその名の通り、あくまでも、食生活の栄養素の補助的役割であることをまず認識して頂く必要があります。

そして当店は、特定成分だけを抽出した単体成分や単体成分を組み合わせただけのサプリメントは販売しておりませんし、それだけを摂取されるのはおススメしておりません。

特定成分だけの継続摂取は危険性も伴うことも認識する必要があります。例えば、鉄分なら鉄だけ、ネラルであれば、カルシウムならカルシウムだけ、亜鉛なら亜鉛だけとか。

ミネラルは数十種類以上のミネラル成分が助け合ったり排除したりしながら体を維持しているわけですので、単体成分だけを過剰に摂取することは全くおススメできません。

ですがモリンガのような自然な形で様々な栄養素を含有するサプリメントを摂りながら、強化したい成分単体を補給するのであれば良いと思います。

単体成分のサプリを多種買って、両手一杯のサプリを飲むようなことにならないように気を付けてください。お金の無駄遣いにもなりますので。

一物全体”という言葉があります。

主にマクロビオティックで多用されますが、「ひとつのものを丸ごと食べる」という意味です。

ひとつのものを丸ごと食べるのは、様々な面でバランスがとれている上に、まとまっていることによって、単体成分の摂取にはない何か特別の働きが期待できる可能性が出てくるのです。

特定部分にのみ着目して研究がなされる近代科学に対して、「全体は部分の総和ではない」と言われています。<

「部分」を足し算しても「全体」にはなりえない。つまり「全体」は、「まるごと全体」としてあるときにはじめて、部分の総和を上回る特別な働きをすると考えられます。

当店では、加工成分寄せ集めや特定成分だけのサプリメントを摂取するのはおススメしない、というのはこのような理由からです。

サプリメントも、食と同じように『素材まるごと』からつくられたものをおススメいたします。

当店の健康食品はほとんどが「素材まるごと」ではありますが、特に健康部門No.1のモリンガはご家族皆様で飲んで頂きたい超おススメの逸品です。


当店の商品選択基準にもお目通しください!

店舗運営責任者:佐藤文隆

ミネラルについて

ミネラルについて

ミネラルとは

ミネラルは体内合成できません。だから食べ物やサプリメントで摂取するしかありません。

ミネラルは野菜・穀類などの食べ物から十分に摂取できる、というのは今となっては遠い過去の話です。

皆さんはビタミンに関しては意外と良く知っていますよね。どの果物にビタミンCが多いとか、ビタミンが欠乏するとどうなるとか・・・。

ビタミンC、Eなどの有効性など日常メディアなどでも頻繁に紹介されていますから当然のことかもしれません。

一方、ミネラルはどうでしょうか?マグネシウム、カリウム、亜鉛の含有量が多い食物をどれだけ言えますか?

ミネラルという名称は皆さまご存知でしょうが、ただ、それが何なのかは大半の人が知らないと思います。そしてミネラルの重要性についても。「ミネラル」という単体成分が存在するものと勘違いされている人も少なくないようですよ。

そこでまず、ミネラルについての最低限の知識を頭に入れておいて頂きたいと思います。

ミネラルというのは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅など約110種類の金属元素の総称です。

地球上には約110を超える元素があり、私たちの体内にもほぼ同じくらいの元素が存在するようです。

人体を構成する元素は、原始の海に生物が誕生した頃の海水の構成元素に近いといわれています。その中でも生命を維持するために必要不可欠な元素として現在わかっているのは約30種類ほど。

カラダの約96%は炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機元素)から構成されています。それ以外がミネラル。

上記の有機元素と、「ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウム」を合わせた11種類で総構成元素の99%を占めています。

この中で金属元素は、「ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム」の4種類。ナトリウム、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、塩素、マグネシウムは、人間の体内存在量の多い主要ミネラルです。

残りの1%は、体内存在量の多い順に、鉄、フッ素、ケイ素、亜鉛、鉛、バナジウム、ヒ素、マンガン、ヨウ素、セレン、ニッケル、モリブデン、スズ、クロム、コバルトなどで、これらを「微量ミネラル」と呼びます。

このあたりになると、昔、化学で習ったようなかすかな記憶がよみがえってきませんか?

主要ミネラルはもちろん、微量ミネラルも体にとって非常に大切なものです。

ミネラルは無機物なのでカロリーはありませんが、私たちのカラダを構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、タンパク質やビタミンと反応(酵素として)してカラダの発育、代謝、生理作用のコントロールなど、人体を健全に発育させ、生命を維持しているのです。

ミネラルは代謝活動の中心を担う大切なものなのです。どれかが欠けても生命維持不可能。そしてミネラルは体内で生成できません。だから食べ物で取り入れるしかないのです。

ですから、野菜・穀類を毎日しっかり食べることが大前提になりますが、昨今の食生活事情や作物のミネラル減少などから、明日の健康を気遣う方にはモリンガのような様々な栄養素を高含有する天然サプリメントでサポートして頂くのはおススメです。

ミネラルの役目

歯や骨格を形成する、人体の構造材料としての働き

カラダの発育、新陳代謝をつかさどるホルモンとしての働き

人体のすべての代謝機能や化学合成に関与する酵素としての働き

有用なミネラルに対し、人のからだを蝕む「有害ミネラル」もあります。代表的なものには水銀、カドミウム、鉛、ヒ素があります。体内に過剰に蓄積されると、自閉症ほか様々な病気の原因になるとも言われます。

有害ミネラルは摂取&蓄積過剰だと注意が必要ですが、健全な日常生活をする中で、過剰に摂取することは極めて少ないと思われます。

しかし一昔前までに作られた給水管は鉛なので、水道水に溶け出している可能性はないとは言えません。 またアルミニウムのなべやヤカンから溶け出している可能性も考えられます。

ミネラルは微量とはいえ、どれか過不足があっても体に影響を与えます。

ミネラルの最重要ポイント

ミネラルの重要ポイント

ミネラルはカラダに必須の構成元素

ミネラルというのは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅など約110種類の元素の総称。

人間の身体は、炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機元素)とミネラルから構成されている。

ミネラルはカラダに絶対必要な成分で、それぞれが重要な役目を担っている。

体を造れるのは食べ物(口に入れるもの)からだけ。ミネラルも食べ物(サプリメント含む)から摂取される。

野菜・穀物等のミネラルは大幅に減少中。小麦・砂糖等のミネラルや繊維質等の栄養素は、精製過程で除去され、元々の自然塩もミネラルを除去されて99.9%塩化Na(スーパー等で売られている「塩」)となる。

ミネラルは、それぞれが相互補完しながら現れる「相乗作用」、またその時必要ない成分は相互にけん制しあって排除(排出)する「拮抗(きっこう)作用」とで成り立っていると言われる。限定されたミネラルだけ、単体ミネラルだけを摂取し続けるのは、この理由から当店ではおススメしていません。

ビタミンはミネラルがないと働かないともいわれる。

ミネラルサプリを飲むなら、単体ミネラルではなく、数多くのミネラルを含むマルチミネラルでの摂取がおススメ。

ミネラルがないと人間は生きていけません。カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅・・・、どれが不足してもカラダに影響を及ぼします。

しかしその重要性に反し、ミネラルは、たとえばビタミンなどと比較して意外と軽視されている感があります。現代の食生活において、ミネラル摂取が十分とは考えにくい食生活の有り様だからこそ、ミネラルの重要性と必要性を認識して、自分の健康を守り続けていかねばなりません。

厚生労働省が発表している日本人の慢性不足栄養素はカルシウム。カルシウムもミネラルの仲間ですが、これだけは良く話題に取り上げられているから、皆さんの中でもカルシウムのサプリを毎日摂取している人も少なくないと思われます。

しかしカルシウムだけの単体ミネラルを摂取してもあまり意味はないと思われます。(※微量ミネラルを含む天然カルシウムサプリはおススメ)

なぜなら人間の骨を構成するのはカルシウム以外に「マグネシウム、リン、ナトリウム」があります。「リン、ナトリウム」は加工食品や調味料を通して十分すぎるほど摂取しているので、通常レベルでは問題はないはずです。

問題は「マグネシウム」。カルシウムが不足すると「破骨細胞」と呼ばれる細胞が骨を破壊してカルシウムを供給しようとしますが、その際にマグネシウムも一緒に破壊され、血中に放出されます。 この積み重ねが骨粗しょう症です。

そして、この時にカルシウムと一緒にマグネシウムも補給しなければカルシウムの良さは活かされません。

さらに、ミネラルというのはこのカルシウムの例のように、相互補完(ミネラル同志を助け合う)や拮抗作用(そのときに不必要なミネラルを排除・排出する)によって成り立っています。複数のミネラルが係わり合いを持って働いているのです。

カラダ全体であればそれこそ何十種類のミネラルが働いているはずです。ですから、「好き嫌いをせずに食べなさい」というのも頷けますし、ミネラルのサプリメントを飲む場合でも数多くのミネラルを含むマルチミネラルをおススメするのはこのような理由からです。

ただ、サプリメントの飲みかたの一例として、モリンガのようなミネラル・ビタミン・アミノ酸など様々な栄養素を豊富に含むサプリメントをベースサプリメントとして摂取し、その上で強化したい単体ミネラル(たとえばカルシウムや鉄など)をプラスして飲む、というのは有効かと思います。

せっかく高いお金を払ってサプリメントを摂取するのであれば、必要な知識を吸収し、効果的な飲みかたをしなければ無駄金投資になります。考慮に入れるべきことは、部分ではなく、「カラダ全体」です。

偏食の多い人が、カルシウム、鉄、亜鉛、セレン、ビタミンC、ビタミンE等、特定の単体成分だけを摂取しても効果的とはいえないと思います。

今までずっと単体成分のサプリメントを複数飲んでた方は、今一度摂取方法を見直されてみてはいかがでしょうか。

サプリメントは医薬品ではないので、特定部位に効果を望むのではなく、カラダ全体を整えることに注力してみてはいかがでしょうか。

驚くべきミネラルの減少の現実

驚くべきミネラルの減少の現実

私たちの体は様々な構成要素で成り立っています。

そのために、「好き嫌いをなくして全部食べなさい!」ということを小さい頃に良く言われイヤイヤながら食べた記憶があります。

好き嫌いなく食することはとても大事なことであることには間違いありません。

しかし、好き嫌いをなくして食べたとしても、食べたものから体に必要な栄養素が十分に摂取できないとしたらどうなるでしょうか。

下記の表をご覧ください。

これは、文部科学省の「日本食品標準成分表」に基づく、代表的な野菜(100g中)の鉄分の推移表です。

鉄分(ミネラル)は驚くべき減少率を示しています。限りなくゼロに近づいているのがおわかり頂けます。

誤解のないように補足しておきますが、減少傾向の大きかった野菜類だけを特にピックアップしたわけではありません。その他の野菜・果物・穀類等についても類似の傾向があるとお考えて頂いて間違いないようです。

栄養素年度別減少比較 (文部科学省「日本食品標準成分表」による/100g中)

野菜 栄養素 1951年 1982年 2000年
にんじん 鉄分 2.1mg 0.8mg 0.2mg
ほうれん草 鉄分 13.0mg 3.7mg 2.0mg
大根 鉄分 1mg 0.3mg 0.2mg
りんご 鉄分 2.0mg 0.1mg 0mg

そして、ここから読み取れることは、「野菜・果物から、体が必要とする栄養素摂取を期待するのは今後ますます難しくなるのではないか」、ということです。

初めて知った方も多く、きっと驚かれたことでしょう。もう「ほうれん草=鉄分」ではない状況です。ちなみに発酵モリンガの鉄分は21.6mg/100gです。

鉄分だけでなくその他のミネラルも同じような傾向がみられるものと予想されます。

しかも昨今の日本人が野菜・穀類をを食べる量は減少しています。野菜・穀類をたっぷり食べていても栄養素が満たされていないとすれば心配です。となると、野菜嫌いの人のミネラル不足はどれほどなのか・・・。

「野菜・穀類はミネラルやビタミン豊富な食物」だと私もあなたも思っていたはずです。しかし現実は違っていました。

このまま何も対策を施さないでいると、数十年後には、ミネラルがどれもゼロに近づくことが現実味を帯びてきました。いったいどうしてこんなことになってしまったのでしょうか?

その答えは現代の農法にあると考えます。

「見栄え重視、促成栽培、野菜の旬を無視した農法・・・」。この反自然的農業(政策)がすべての原因だと考えられます。

現代農法による栄養素減少の理由として考えられることは以下です。

1. 早く収穫するために、窒素、リン酸、カリ偏重の化学肥料を使うことで十分な栄養をまかなえるために、作物自身で土壌のミネラル等を吸収するために深く根を伸ばす必要がなくなった(根が浅いので倒れやすい)。

それにより、収穫は早いが栄養素不足の作物が出来上がることになった。

2. 化学肥料を過剰に与え、農薬の大量散布により植物の土壌からのミネラル吸収を助ける微生物が生息しにくい環境になった。必然的にミネラルが植物に吸収されにくい環境が出来上がった。

3. ミネラルは元来地上に存在する元素なので昔は土壌にも豊富に存在した。植物(作物)⇒人間⇒堆肥⇒土というこのような本来のミネラルサイクルが変化したために堆肥が土に戻らなくなった。よって必然的に土壌にはミネラルが減少し続けている。

そして、重要なのはミネラル減少ばかりではありません。ミネラル不足の食物サイクルは、人間のみならず、作物をエサとする家畜にまで及んでいる。ミネラル分の少ない食肉や卵・・・。徐々に減少する食物サイクルのその行先は? そして我々の健康は?。。。

これは非常に深刻な問題で 国民の健康にかかわる一大事です。生産者に考えさせるのではなく、国家主導で解決すべき重要案件だと思うのですが、果たして考えてくれているのでしょうか。

野菜・穀類は少し高めでもいいのです。本来あるべき土づくりをして、手間暇かけて採れた作物であれば安く売る必要はありません。

「野菜は安いのが当然」という我々の認識も変える必要があります。生産者がこだわるべきは野菜の見栄えではなく、含有する栄養素です。野菜は命の恵みなのです。農業従事者は高齢化の一途を辿っていますが、志のある若い生産者に頑張ってほしいところです。

野菜・果物・穀類は天然の薬

少々高くても、ミネラル・ビタミン等の栄養素豊富なら私は間違いなく買います!

<体に絶対必要なミネラルをサポートしてくれる人気商品>

にがりはおススメしません - 魂の商材屋

私は”にがり”は、おススメしません!

その理由は… にがりは豆腐の凝固剤(添加物)で、もともと人間が飲むために作られたものではない

今から35年以上前の、昭和58年ごろ当時の厚生省は、海水から塩を採ったその後の液を豆腐凝固剤として「にがり」と表示したいとの豆腐製造業者の要望に応えるため、その規格基準について検討したが、塩の製造方法、季節や製造温度、製造場所など、その場その時の条件により、成分があまりにも変動するために基準を定めることが出来ず、「にがり(塩化マグネシウム類似物)」と表示するように指導しました。

ちなみに、現在の国の定めた表示は『粗製海水塩化ナトリウム』、別名『塩化マグネシウム含有物』となっています。

健康食品のように継続摂取にふさわしいものではない

『粗製海水塩化ナトリウム』、つまり、にがりは海水から塩を除去したあとの副産物で、豆腐を固めるための添加物であって、栄養補助の食品として作られたものではありません。

成分バランス、メーカーにより製品のばらつきが多く健康食品的なイメージで摂るものではありません。中には良質の商品もあるかもしれませんが、大半は、豆腐を固めるためのマグネシウムを主成分とする液体。

海水から塩分(塩化ナトリウム等)のほとんどを除去したマグネシウム液のことを指します。(海水中圧倒的に多いのが塩化ナトリウムで次がマグネシウム)

塩化ナトリウムを除いた「にがり」の主成分はマグネシウムであるべきなのに、主成分が「塩化ナトリウム」のにがり商品もあります。おかしな話ですが「本当のにがり」ではない、ということですね。ご自宅ににがりの買い置きがあるりましたら裏ラベルの表記を見て確認してみてください。

健康・ダイエットブームに便乗したが、その根拠なし

どの世界にも便乗商法というのはあるが、これに関しては命に関わる重大なこと。

“にがりブーム”に乗って、海水を濃縮して塩分濃度を高めただけの母液(塩の結晶が出始める液)を「にがり」と称して販売され、容器の底に塩が固まって沈殿しているひどいものさえあります。

塩分の濃いだけの商品を水で薄め、“魔法のにがりダイエット”などの謳い文句に乗って飲んでいた女性が、体ががむくんできた、肝臓・腎臓を悪くした、指摘された症状を改善しようと「にがり」を始めて逆に悪化した、などの事例が多々発生し、で死亡したお年寄りもいたようです。

製品のグレードにもよりますが、にがりを健康飲料目的でおススメしたくない顕著な理由です。

特定ミネラルだけの継続摂取はおススメしません!

海の遭難で、のどの渇きに耐え切れず海水をそのまま飲んだとしたら死に到ることは周知の事実。これは塩分濃度の濃い水(塩化ナトリウムの大量摂取)を飲んで体液のバランスを崩し、体調に異変をきたした結果と考えられます。

にがりもマグネシウム(ミネラル)を含んではいますが、単体もしくは特定成分のミネラル摂取は危険を伴う場合があることを認識する必要があります。サプリメントを摂取する場合の考え方も同様です。

かつての厚生省は「骨粗しょう症はカルシウム不足から」としたことによって、「カルシウム剤」が流行った結果、それだけを飲み続けると逆に骨を一層弱くすることが判明したことについて「単体摂取(1つの成分だけを摂り続けること)は危険」との警告を発しました(アメリカではそれ以前に既に警告が出されてました)。

その後、「カルシウムとマグネシウムの割合2:1で摂りましょう」に変わって来ました。ただ実際のところカルシウムが骨に定着するためには、マグネシウムの他にカリウム、ナトリウム、鉄、リン、鉛・・・なども必要なことが分かっています(ミネラルの相互作用。ミネラルは数多くを摂取しなければならない理由はこういうことからです)。

ことミネラルにあたっては「単体摂取」は危険であり、また限られた成分、片寄った成分を日常的に摂り続けると、何らかの反作用が起こる危険性が付きまとうことを知っておかなければなりません。「にがり」もまさにこれに該当すると思います。

「にがりブーム」がヒトの体の必須の基礎栄養素であるミネラルへの関心を高めるために役立っているとすれば、社会的にも意義あることと言えます(ミネラル不足が様々な病気の一因であることは明らかになっています)。

ただ現状は、ミネラルやにがりの基礎的知識も与えられないまま「にがりは体にいい」というイメージだけが先行するのであれば、逆に弊害が増幅していくことが懸念されます。

「にがり」の原料は多種のミネラルを含む海水であることから、「良いにがり」は「良いミネラル源」につながるとも考えられます。ただ実際は、海水から塩分(塩化ナトリウム等)だけを取り出せるわけではなく、一緒に多くのミネラルも取り出されてしまいます。

たとえば天日塩を作る場合、 塩を作る工程でカルシウム分やナトリウム分はほぼ全部、カリウム分の大部分、そしてマグネシウムの一部も塩となります。よって、塩を引き上げた後に残ったにがり(苦汁)のメイン成分はマグネシウム分となります。

逆に言うと、天日塩にはカルシウムやナトリウムだけでなく微量ミネラルも多種類含んでいるわけです。塩を選ぶなら天日塩をおススメするのはこの理由です。

天日で数か月以上じっくり作られた塩を引き上げた後のにがりは、マグネシウムが主成分とはいえ、微量ミネラルも含まれています。

天日塩を作ったあとのにがりなら塩分を含まないグレードの高いにがりと言えますが、人為的に濃縮加工してミネラルバランスが失われたにがり、塩分が残されたままの低品質のにがり等が、健康飲料として継続使用をおススメできないにがりなのです。

にがりとミネラルについて少しは納得していただけました?
	それでも、どうしても”にがりじゃないとダメ~!”
	という頑固なあなたのためにおさらいをしておきます。
	老婆心ながら、どうしてもにがりを飲みたいのなら良質のにがりを選んでね。

人工的に成分や濃度調整がされている”にがりもどき”

「にがりもどき」は健康のためにも避けるべき。成分表示からはわからない場合がありますので、販売店に聞き、また製造元に確認する位の慎重さが必要です。

様々な食品の中には「天然」と表示しながらそうは言い難いものもあります。(例えば「天然カルシウム」といって動物の骨などを粉末にしただけのものなどがあります。また、海水で作っていることで「天然にがり」と称しているものがありますが、ブームで100種類にも急増したと言われる「にがり」の中に、本当の意味で、人工的な手を加えることなく自然のままの成分を保った「天然」と言えるものはごくわずかではないかと思われます。

市場に出回っているにがりの多くはマグネシウム(Mg)とナトリウム(Na)が過剰に添加されています。添加されたものは時間が経つにつれて写真のように 塩の結晶が出来て沈殿します。怖いですね!

人為的にミネラル成分数を調整したもの、調整されて薄くなったもの、化学的に精製されたものなどがあるようです。このようなものはぜひ避けてください。ミネラルが多く含まれる程濃度が濃く比重が重いことも覚えておいてください。

市場に出回っている各種にがりの殆どが、 Na(塩)とMg(マグネシウム)が過剰に添加されています。 添加されたものは時間が経つにつれて右の写真のように 塩の結晶が出来てきます。怖いですね!
にがり愛好家の方には申し訳ございませんが、
	 私はにがりは飲みません!私が飲むのは70種のミネラルを含む総合ミネラル液です健康と美容のためにミネラルを飲まれるのであれば
	迷わず グレイトミネラル をおススメいたします

グレイトミネラルとは

グレイトミネラルは、アメリカ合衆国の塩水湖(グレイトソルトレイク)の水を約1年間天日濃縮(海水の50倍)し、その過程で結晶化する塩分だけを除去(99.5%)し、ミネラル成分で飽和状態になった濃縮液で、イオン化されています。「イオン化」とは吸収されやすい形である状態を指します。

サプリメント先進国のアメリカでは毎年厳しい基準の元での検査が行われます。その厳しさは日本の比ではありません。有害物資の有無も含め、その成分、色度まで検査が行われ、規格から外れたものは全て廃棄処分。このグレイトミネラルは問題なくその難関をクリアしている製品です。

身体に絶対必要なミネラル!グレイトミネラル

にがり グレイトミネラル
安全性

過去に重大な事故が発生している(国立栄養研究所指摘)。 同研究所では「ダイエットに効果」の根拠は全くないとも。

アメリカの国の基準に基く厳しい検査のもとにサプリメントとして製造、販売が許可されている。(日本には同様な基準はない)

品質

国にも、業界にも基準がない。従ってその品質は一定せず、摂り続けるにはある種の危険が伴うと考えられる。にがりには海水を煮詰めただけの「濃い塩水」にすぎないものもある。そもそも「にがり」とは海水から「塩」を取り除いた後に残る液である。

健康補助食品として(アメリカで)品質が保証された製品である。

製法

海水を釜で炊く(釜炊き製法)などで人為的に濃縮し、結晶化する「塩」取り出した後の液。従って自然のミネラルバランスは失われている。

塩水湖水を1年間天日で濃縮する間に、『塩分』の99.5%は自然のまま結晶化され、沈殿し除かれる。ミネラル成分は自然のままに飽和状態に濃縮される。残りの液は、塩湖の78種類のミネラルを含有している。(アメリカ・ユタ州・ウェバーステート大学分析による)

信頼性

「食品」として認知されたものではない (豆腐凝固剤)

アメリカでは30数年にわたり健康補助食品として広く用いられ、日本へは食品衛生法上の分類により、「調味料」として輸入許可を受けている。

あなたが求めるものはニガリではなくミネラルなのでは?!

以下も超おススメのミネラル含有商品です!


オーガニック 発酵
スーパーモリンガ

驚異的なアミノ酸やミネラル等の栄養素やフィトケミカル(抗酸化物質)を含有するスーパーハーブモリンガの乳酸菌発酵サプリメント。

「オーガニック」・「乳酸菌発酵」・「モリンガ100%」・「完全無添加」の国内初の有機発酵モリンガ100%タブレット。


高濃度フルボ酸エキス
「大地の雫」

高純度・高濃度フルボ酸が主原料のフルボ酸エキス。

フルボ酸濃度が高く体に吸収されやすい液状タイプ。フルボ酸は生命に必須のミネラルやアミノ酸など栄養素の宝庫。フルボ酸は「生命のミネラル」とも呼ばれる。


電解質濃縮液ALIVAL
(アライバル)

電解質(ミネラルイオン)補給濃縮液。加えるだけで厚生労働省が熱中症対策として推奨する塩分補給が可能。

「日常生活レベル」・「スポーツ時」・「日常生活での熱中症対策」・「暑熱環境での長時間の仕事・スポーツ時」など、目的に応じて調整自由。アスリートにも超おススメ。


エレクトロバイタミン

マルチミネラルビタミンサプリメントの決定版。

13種のビタミンやグレイトソルトレイクの約70種のミネラル(微量ミネラル含む)、酵素、ハーブなど、原材料42種類の栄養素から構成される栄養機能食品。

食品の期限表示について

食品の期限表示について

食品の期限表示には、「賞味期限」と「消費期限」というのがありますが、皆さんはその違いをご存知ですか?

「賞味期限」の場合、期限を超えても食べられるのですよ。

期限を1日でも過ぎたら捨ててしまうようなことをしてませんか?

農林水産省のホームページに書かれていた内容を列記しますので参考にしてください。

賞味期限 Best-before

おいしく食べることができる期限です。この期限を過ぎても、すぐ食べられないということではありません。

<定期>定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が 十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。ただし、当該期限を超えた 場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとする。

消費期限 Use-by date

期限を過ぎたら食べない方が良いです。

<定期>定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に 伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいう。

ヒバ精油(ひば油)で虫除けスプレーを作ってみよう!

ヒバ精油(ひば油)で虫除けスプレーを作ってみよう!

ヒバ精油で安心虫除けスプレー作ってみませんか?

ダニや蚊がはびこるシーズンの害虫対策に、ご自身で安心・安全な虫除けスプレーを作ってみませんか?

本場青森ヒバ精油の『ひば精油』を使えば、虫よけ(害虫忌避)スプレーをご自宅で簡単に作ることができます。

防虫忌避スプレーには、一般的な殺虫剤のような虫を殺すような威力はありませんが、虫を寄せ付けない効果(忌避効果)は十分にご期待頂けます。そして何よりカラダや環境にも安心・安全です。

市販の殺虫剤に含まれる薬剤のディート(DEET)は、皮膚の炎症やハレ、目のかゆみ等を引き起す可能性のある化学薬品です。ディートは子供の脳やアナフィラキーショック低血圧を引き起こすこともあると報告されています。

虫を殺す力があるのですからヒトにも影響が全くないわけがない。100%天然もので害虫忌避が出るのであれば理想です。

そこで皆さんにトライして頂きたいのが本場青森ヒバを使ったヒバスプレーです。赤ちゃん、小さなお子様、アレルギーをお持ちの方やペットやがいるご家庭で、安心な虫除けを使いたいという方にはお手製の虫よけスプレーを作って使うのは超おススメ。

特に毎年5月~8月にはひば精油のご注文が急増します。ヒバスプレーは簡単に作れますのでぜひお試しください!

本場・青森ヒバの説明

森ヒバ精油とは、日本三大美林の一つとして知られる青森ヒバの材部を水蒸気蒸留して得られるエッセンシャルオイルのことです。抽出される量は、青森ヒバの材木に対して約1%にも満たない大変貴重なもの。

この精油には、天然の抗菌成分、現在様々な分野で注目されているヒノキチオールの含有は世界一を誇り、その成分は医療、農業などにとどまらず、食品添加物としても一部認可されています。

青森ヒバは、ヒバそのものが大半国有林なので、ヒバ精油を国産の原料だけで生産できる業者は本当に限定されています。

青森県内にある一部のお土産屋、 入浴剤屋ぐらいでしか販売されていません。それほど希少性の高いヒバ精油です。香りを文字面で伝えるのは難しいですが、近いイメージは「ヒノキ」 でしょうか。森林浴しているかのような香りにも癒されてください!

ヒバ精油 虫よけスプレーの作り方

必要な材料

以下は内容量100mlのスプレーを作る場合の例です。200mlで作る場合はその2倍の量を入れて下さい。

ひば精油
20滴ほど
無水エタノール
5ml (ティースプーン約2杯程度の量
※ドラッグストアで売ってます
精製水や浄水など。水道水でもOK
スプレー容器
スプレーボトル200ml(ガンスプレータイプ) 
※ご自宅にある空きスプレーボトルでも可

作り方

1.スプレー容器にエタノールを入れます。

2.それからにヒバ精油を1滴づつ加えます。加えたあとボトルを良く振って精油をエタノールに溶解させます。

3.よく混ざったら水を加えて良く振って頂いて完成です。

※毎回ご使用頂く前に数回振ってからお使い頂くのがおススメです。

用途など

ヒバ精油に含まれる成分「シトロネラ」などが虫を寄せ付けません。ヒノキチオールには抗菌力もあります。

お部屋ほか、あらゆる空間にスプレーしてください。

お部屋、キッチン、風呂場、トイレ、ベッドの下、下駄箱、カーテン、網戸等にどうぞ。

忌避の対象となる虫は、蚊・ハエ・ダニ・ゴキブリ・シロアリなどです。

<ご注意事項>

衣服へのスプレーも可能ですが、ヒバの黄色い色素が沈着する懸念があります。白い衣服や白のTシャツ等へのスプレーはお控えください。また肌への直接スプレーも、刺激になる方もいらっしゃるのでお控えください。自己責任とのことであればお試しください。

ヒバ精油の応用的使い方

ヒバ精油は、一般的な精油(エッセンシャルオイル)のようにアロマポットで炊いて頂いたり、アロマディフューザーでご使用頂いても害虫忌避効果があります。香りも良いのでアロマ好きな方はこのやり方もおススメです。

また、ヒバ精油をトイレットペーパーの芯に2-3滴垂らしておくのもトイレ内の虫よけには効果的。おかげさまで当店の事務所のトイレには虫はおりません。

以下をご参考に色々な用途でお使い頂ければと思います

入浴剤の代わりとして アトピー肌、トラブル肌の方におススメ。ヒバ精油をお湯に5-10滴たらしてしっかりかき混ぜてから入浴してください。
お風呂の芳香用として 湯船に2-4滴たらしてください。浴室いっぱいにヒバの香りが広がりリラックスした入浴が楽しめます。
芳香・消臭用として コップにお湯を入れ、その中に精油を数滴たらしてお部屋に置くだけで爽やかな香りが楽しめます。アロマポットやアロマディフューザーでのご使用もおススメです。

当店事務所のトイレ芳香剤としても使用しています。トイレットペーパーの芯に数滴ヒバ精油を染み込ませるだけ。この使い方は結構おススメですよ。
臭い予防として ◎洗濯機に洗剤とともに1-5滴たらしてください。洗濯洗剤や洗濯機の独特の臭気を防いでくれます。

◎足の消臭にも使えます。洗面器にお湯を入れ、その中に1-2滴たらして足を浸けてください。
掃除のおともに

バケツに水またはぬるま湯を入れて5滴ほどたらして頂いてから雑巾を入れ、しっかり絞って床・畳などを拭いてください。雑巾の抗菌にもお役に立てます。

当店大人気のヒバ商品!

青森ヒバ精油
青森ヒバ精油

本場青森のひば100%のヒバエッセンシャルオイル。日本三大美林の一つとして知られる「青森ひば」の材部を水蒸気蒸留して得られる精油。量産できない貴重な精油です
ひばの森化粧石けん
ひばの森化粧石けん

青森ひばのヒバ精油(ヒバ油)配合の無添加石鹸。ヒノキの香りに似たヒバのとても良い香りに癒されながら、スッキリ清潔な洗顔・ボディ洗浄がお楽しみ頂けます。体を清潔に保ちたい方、肌トラブル、体臭・加齢臭が気になる方に特におススメ!

美の考え方

美の考え方

当店のヘアケア・スキンケア・ボディケアは
極限まで化学成分に依存しない真のオーガニック&無添加です

  

科学の力でコントロールするのは無理

  

科学の産物である化学合成物質が、ヒトの肌・髪・頭皮をコントロールしようとすること自体に無理があると当店では考えております。

  

人間も自然の一部』。

  

肌・髪・頭皮も、自然に即した原料で作られた製品使用をきっと望んでいるはず。

  

反自然の行為はいつかは弊害となって現われる(可能性が高い)。 あなたはそう思いませんか?


  

メーカーの宣伝をうのみにしてはいけません!

  

TVCMや広告では良いことだけしか訴えません。買いたい衝動をぐっと抑えて、冷静に成分を調べることは、ご自身を守るためにも必要なことではないでしょうか? <

  

肌・髪・頭皮のトラブルの一因に「化学成分」が関与していると考えています。

  

ますので、成分をしっかりと確認してからご購入頂くことをおススメします。

  

実店舗でしたらお店の方に聞き、通販でしたらネットで成分を調べてみてください。

  

調べる過程で、今まで知らなかった真実が見えてくるでしょうし、様々な世の中の矛盾も垣間見えると思います。


  

全成分表示は当たり前のこと

  

ご購入いただくお客様に成分のすべてを開示するのは当然のこと。

  

当店にとっては全成分表記は当たり前のことですし、可能な限り由来原料の説明も商品ページに記載するようにしています。

  

全成分表記が義務づけられているにも関わらず、「主成分」だけの表記にとどめ、全成分を表記していないか、記載個所を探すのに苦労するショップが多々あります。なぜわかりやすい位置に掲載していないのでしょうか?

  

わからなければそのほうが助かる。そんなうがった見方さえしたくなります。


化学物質に疎遠になりましょう!
肌・髪・頭皮、ひいてはカラダのため


今の時代、化学物質と『無縁』は不可能でしょうから『疎遠』なのです。

当店のヘアケア、スキンケア、ボディケア商品には、「化学合成の素材は極限まで使いません」。

化学成分を使って、「使用感、手触り、仕上がり」等をアップさせるのは簡単です。そして手っ取り早く製品を作ることも可能。

便利な反面、長期的に見るとその弊害はあると考えられます。しかしそれがすぐ表面化しないところに個々人の考え方の違いが出てきます。

「化学成分や添加剤が入った市販品をずっと使っているけど何にもトラブルないよ。だから無添加にこだわり必要ないんじゃない?」のように。このような方は少なくないと思いますよ。

当店としては、そのような方に無理に無添加商品を使ってもらおうとは思っていません。

転ばぬ先の杖、化学成分に反応が出る、自分自身の安心の確保、無添加を使うことでの心のゆとりと優しさ、そして家族の健康を慮る方だけに本当の無添加をご使用頂ければそれでよい、と考えています。

化粧品類に配合されている化学合成添加剤だけが化学成分ではなく、薬も化学合成物質です。

薬の飲みすぎは副作用があるので服用の目安が示されています。 とはいえ、人それぞれ体質が異なるので少量飲んでも副作用が出る人もいます。それだけ薬の作用は強いのです。

化学合成物質は薬品です。薬品は長期的にみるとカラダには「毒」と考えています。服用する薬も副作用をもたらしたり、長期使用で弊害をもたらします。これが肌や頭皮につけるものなら安心なのでしょうか?

化粧品に化学合成成分を多用しているメーカーはそれを正当化し、安全を強調たがるもの。

化学成分をたっぷり配合したメーカーや、その取扱小売店さんはきっとこんなことを言うでしょうね。

それは指定成分ではないので安心です。

化学成分は入ってますが、微量なので心配はいりません。

有害ではないのでご安心ください。

はたしてそうでしょうか?

ちりも積もれば毒となる!

人間の体は化学成分を必要とはしてません。必要でもないのに入れるから、人により、カラダが拒絶反応を起こすのです。

当店が販売しているヘアケア、スキンケア、ボディケア商品はすべて本当の無添加です。

たとえば以下は当店のヘアケア商品の取り扱い基準です。

商品の取り扱い基準

無農薬・オーガニックど、原材料の栽培過程において化学物質を介在していない商品を最優先します。

石油系原料不使用が原則。「BG」を含む場合には植物由来のBG、または配合ではなくキャリーオーバーを基本とします。

石油系合成界面活性剤や旧指定成分不使用が原則。

人工シリコン系(メチコン・ジメチコン類)不使用が原則。

パラベン、フェノキシエタノール等の化学防腐剤不使用が原則。

合成色素(タール系色素)は不使用が原則。

化学合成添加剤は極限まで完全無添加を目指します。

化学物質に疎遠になりましょう!
肌・髪・頭皮、ひいてはカラダのため


当店の商品はお客様とご家族の将来の健康&美を見据えて商品セレクトしております。

末永くご愛顧頂ければ幸いです。 

店舗運営責任者:佐藤文隆

■商品探しの参考に
■商品カテゴリ
■会員登録のご案内
■ショッピングガイド
■その他のインフォメーション
魂の商材屋インスタグラム Facebook Twitter インスタグラム

デイリー ランキング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • ポイント5倍デー

・当店の営業は平日AM9:00-PM5:30までとさせて頂いております。
・土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
・平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
・お問合せは迅速に対応させて頂きます。

魂の商材屋の支店
魂の商材屋は、更にご満足頂けるショップに邁進致します。
サーチする:

ページトップへ