午前10時までのご注文で在庫がそろえば当日出荷(土日祝休) 送料600円(沖縄・離島以外) 8,800円(税込)以上ご購入で送料無料
当店オリジナルの『オーガニック発酵スーパーモリンガ』の1週間分を
今なら「990円&送料無料」でお試し頂けます。まずはトライしてみて!

魂の商材屋本店 創業21周年

オーガニック無添加専門店『魂の商材屋』本店
はじめてのお客様ご利用案内お問合せFAX注文定期宅配
新規会員登録ログインお気に入りランキングカートをみるお客様の声
こんにちは、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
( 保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント /会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__ )
人気カテゴリ オリジナル無添加シャンプーモリンガ無添加石鹸化粧水美容液・乳液ヘアブラシ豆・ごまミネラルキッチン洗濯歯みがき
コンシェルジュ
  • 魂の商材屋オリジナル
  • 渡部信一さんのお豆
  • 魂のハッピーシャンプー!
  • アルピニエッセンスローション
  • モリンガブライトボディソープ
  •   
  • モイスチャーベース化粧水
  •   
  • エモリッチミルク
  • スーパーウォータープラス
  • 超スーパーフード モリンガ
  • 江戸屋
  •    
  • <6/24よりご予約受付開始> アレッポの石鹸R史上初! 
【特別限定品】 本家アデル・ファンサ社製 ファン待望の アレッポの石鹸ロングバー1200g登場間近 

健康と美容のお役立ち情報

トリートメントとコンディショナーの違いについて

コンディショナーとトリートメントの違いについて


コンディショナーとトリートメントの違いはなに?

コンディショナーは、その名の通り「髪表面をなめらかに整える」アイテム。

髪表面になめらかとツヤを与えて髪のすべりを良くし、ぱさつきを抑えます。

トリートメントは、髪表面と内部にエキス・油分・補修成分を与え、髪状態を整えながらダメージケア効果も期待できるアイテム。

トリートメントにはコンディショナーの「髪表面を整える」機能も含まれているので、トリートメントを使えばコンディショナーは必要ない、というのが店長の結論。(下記に詳細記載)

【補足事項】

一般的なコンディショナーやトリートメントのほとんどには人工被膜剤のシリコン(メチコン・ジメチコン・シクロメチコン等)が配合されています。髪に被膜を作ってコーティングすることでツヤ、なめらかさを演出するものです。

トリートメントにはダメージケア効果も期待できますが、シリコン入りの場合、人工被膜で覆われているので傷みが改善されたかどうかは「素の髪」チェックをしないと知る由はありません。素の髪チェックをするにも当店オリジナルのハッピーシャンプーは的確。


トリートメントには「洗い流さないタイプ(アウトバス)」も出回ってきています。

主流の洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントはどちらが良いの?、ということに関してはどうなのでしょうか?

店長は、総合的に見て「洗い流さないトリートメント」に軍配を上げたいと思います。

その理由ですが、まずコスト面。

コンディショナーもそうですが、洗い流すタイプは「配合成分の約97%はお湯と一緒に流れてしまい、残るのはわずか3%程度」と言われます。

たとえば、3000円の洗い流すトリートメントであれば、わずか90円分の成分を髪に残すために3000円払う。2010円はお湯と一緒にお金も流している・・・。

97%分のお金を流してしまうようで非常にもったいない気がするのですが皆さんそのように感じませんか?

次に効果の面。

効果の面でも当然大きな違いはあります。洗い流さないことで、保湿・ツヤ・エキス等の有用成分がそのまま長時間髪に留まるので効果が必然的に違うはずです。

ただし、洗い流さないタイプをおススメする前提条件があります。

それは、髪(頭皮にも)に残るのは好ましくない成分、つまり『石油系・人工シリコン・化学合成添加剤』などの化学成分が配合されていない真の無添加トリートメントであることが大前提です。

店長が考えますに、時代の流れと消費者の要請を加味しますと、洗い流すタイプから、「洗い流さないタイプ(アウトバストリートメント)」へと向かうのではないかと予想しています。

しかし普及するまでには難しい問題が2点あります。

今まで使い慣れてきたタイプをすぐ変えるのは心情的に難しい部分があるのと、洗い流さないタイプは髪や頭皮にそのまま成分が残るので、石油系や化学成分を多く使用してきたメーカーはそう簡単には作れない。この2点です。

頭皮・肌に付着しても心配ない真の無添加トリートメントがどんどん開発されればヘアケア業界はもっと活気づきますね。


上述しましたようにトリートメントはコンディショナーの機能性を有するので、トリートメントを使うのであればコンディショナーは不要だと考えます。

コンディショナーとトリートメントを必ず一緒に使うようにアドバイスしているメーカーやショップもあるようですがトリートメントだけで十分。コスト面を考慮しても無駄を省いたほうが良いです(笑)。そのコスト分、アウトバスのヘアケアにお金を出したほうが賢明です。

ただし以下のような場合には、しばらくはリンスやコンディショナーを併用される必要性は感じます。


市販の合成シャンプーから『本当のノンシリコン無添加シャンプー』に切り替えた場合


市販の合成シャンプーからノンシリコン無添加シャンプーに変えた場合、人工シリコンの被膜や合成ポリマーを剥ぎ落とすので、初期の段階では、きしみ・絡まり・パサつきを感じる場合が多いです。

特に乾かしたあとに、パサつき・ごわつきを感じる、まとまりが悪い等を感じる場合には「素の髪」の傷みが原因の可能性は高いと考えられます。.「素の髪」 があらわになり、キューティクルが荒れていればいるほど、また髪の水分量が不足していればいるほど不快感は増すと思われます。

市販の合成シャンプーから当店オリジナルの完全無添加ハッピーシャンプーに乗り換えた際に、きしみや髪が絡まる現象が起こる方は少なくないようです。

一般的な無添加シャンプーによく配合されているのが「ポリクオタニウム(陽イオン界面活性剤)」。これが配合されていればシリコンに似た手触り、仕上がりになるのですが当店オリジナルブランドのシャンプーにはこれさえも配合しておりません。

「今まで使った無添加シャンプーはきしまなかったのにハッピーシャンプーはきしむ。どうして?」と仰る方がおられますが、上記の理由です。

「素の髪」にダメージがあると感じられた方は、ダメージ回復が実感できるまでは無理せずに無添加コンディショナーも併用されることをおススメしております。

ダメージ回復が実感できたあとはコンディショナーまたはトリートメントだけでも結構かと思います。

一般的な無添加シャンプーにはこのように「ポリクオタニウム」が配合されています。
・水
・ココイルグルタミン酸TEA(合成界面活性剤)
・グリセリン
・コカミドDEA(合成界面活性剤)
・ラウラミドプロピルベタイン(合成界面活性剤)
・ホホバ油
・グリチルリチン酸2K
・センブリエキス
・ボタンエキス
・オウバクエキス
・オタネニンジンエキス
・アルニカ花エキス
・セイヨウオトギリソウエキス
・セイヨウキズタエキス
・セイヨウトチノキ種子エキス
・ハマメリスエキス
・ブドウ葉エキス
・カミツレエキス
・ヤグルマギクエキス
・トウキンセンカ花エキス
・フユボタイジュ花エキス
・ローマカミツレ花エキス
ポリクオタニウム-10(陽イオン界面活性剤)
・BG
・メタリン酸Na
・エタノール
・フェノキシエタノール(合成防腐剤)

一般的なリンス、コンディショナーもそうですが、トリートメントはなぜ洗い流さなければならないのでしょう?

トリートメントの注意書きに「髪にトリートメントが残らないようにしっかり洗い流してください」と書いていたりします。

髪にとって良いはずのものなのにどうして洗い流さねばならないのでしょうか?

リンスの目的が、『石鹸シャンプー後の髪を中和させるなど、シャンプー後の髪ケアを行う製品のため』、ということであれば、髪表面のアルカリが中和されて落ち着いたら洗い流すという、はっきりした洗い流す理由があります。

しかしトリートメントは、英語では「処置・治療・手当て」という意味で、そもそも毛髪を健康にする目的で考えられたものです。

毛髪を健康にするものなのに洗い流してしまえば配合成分の約97%は洗い流されほとんどが髪に残りません。それなのにどうしてトリートメントは洗い流すのでしょうか?

その理由として考えられることは以下。

1.使用感で好まれる傾向にあった

洗い流さないトリートメントには、ミルクタイプ、クリームタイプ、オイルタイプ等がありますが、使用後べたつく、使用感が良くない、髪に成分が付着する懸念がありあまり好まれないことが多かったようです。そのために 「使用性」が比較的優れた洗い流すトリートメントが一般的になってきた経緯があります。

ただ現在の洗い流さないトリートメントは改良が重ねられ、初期のものに比べてべたつきは少なく、成分グレードや使用感がアップしています。

2.洗い流さなければならない成分が含まれている

一般的な洗い流すトリートメントには、(石油系)合成界面活性剤、人工シリコン(メチコン・ジメチコン・シクロメチコン等)、合成ポリマー、化学合成添加剤が必ずと言ってよいほど配合されています。

その中でもカチオン系界面活性剤が主成分のトリートメントでヘアケアすると、髪が静電気を帯びないので広がりにくく、しなやかにまとまりますが頭皮の健康上に問題があります。

石油系合成界面活性剤や化学成分が頭皮を刺激したり、毛根に入ると育毛を阻害する可能性が出てきます。そのためにしっかり洗い流さなければならないのです。

3.洗い流しても髪に残るような強い成分を使用している

一般的な洗い流すトリートメントには、洗い流すことで約97%の成分が流れ落ちても効果が期待できる強い成分が入っています。それは、ヘアケアにおいて効果・使用感は唯一無二といわれる「シリコン」。

シリコンは言わずと知れた「人工コーティング剤(被膜剤)」。シリコンを配合することで摩擦が減り、なめらかな仕上がりを実現します。また髪につやを与える効果にも優れており質感を良くすることが可能。

コンディショナーもそうですが、一般的な洗い流すトリートメントには、ほとんどが洗い流されても残ったごくごく少量でさえ高い効果を期待ができる生分解性の低い化学成分が使用されているのです。

わずかに髪に残ったごく微量でも確かに実感できる。これはある面スゴイことだと思いませんか?だから沢山の量を髪に付着させる必要はなく、洗い流さなければならないのです。

しかし生分解性が低いので、人工シリコン入りのコンディショナーやトリートメントを毎日使用している限りはいつまでも髪表面にへばりついてるのです。ただしシリコンが入っているのはトリートメントだけではありません。一般的な合成シャンプーやコンディショナーにももれなく配合されています。

『素髪・頭皮の健康』にとって一行の余地ありのシリコン配合のヘアケア商品を、今後も使うのかどうかはあなた次第です。

【店長の追伸】

ちなみに、当店オリジナルのハッピーHBコンディショナーはシリコンは当然ながら、界面活性剤・石油系・ポリマーや化学合成添加剤を一切使用せずに作り上げています。

ですので一般的なコンディショナーのように念入りに洗い流す必要はなく、つけて1分置いたあと、サーッと『たったの2秒』すすぐだけで良いです。

髪・肌・頭皮に付着して良くないどころか、せっかくの効果的成分を髪に残して欲しいので2秒のすすぎで良いのです。成分が頭皮に残ったままても良いのです。普通のコンディショナーでは出来ないことです。

またこれも当店オリジナルですが、洗い流さないヘアリペアトリートメントも石油由来原料、シリコン、ポリマーや化学合成添加剤を一切使用せずに作っています。

この製品レベルなら頭皮・肌に付着することへの不安要素はありません。この洗い流さないヘアリペアトリートメントは髪につけたあと、手についた成分はもったいないので腕に塗って頂くこともおススメしています。

単に、ツヤ・なめらかさ・仕上がりの良さだけを重視するのであれば、シリコン、合成ポリマー、化学合成添加剤を入れることで、簡単に安価なコンディショナーやトリートメントを製造することができます。

しかしこれに『髪・肌・頭皮の健康と安全性』までを考慮すると安易ではない企画開発になります。

多くの方がシリコンや合成ポリマー配合のヘアケア商品の使用感の良さは体感しておられます。化学成分を入れずしてその使用感に近づけるために、日々、自然派コスメメーカーさんは開発努力をされておられるのです。

デイリー ランキング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • ポイント5倍の日

・当店の営業は平日AM9:00-PM5:30までとさせて頂いております。
・土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
・平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
・お問合せは迅速に対応させて頂きます。

魂の商材屋の支店
魂の商材屋は、更にご満足頂けるショップに邁進致します。
サーチする:

ページトップへ