Q.カリウム石鹸って?
1)ナトリウム石鹸は固形、カリ石鹸(カリウム石鹸)はジェル状になります

固形石鹸(ナトリウム石鹸)は石鹸原料の油脂に水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を入れて作りますが、カリウム石鹸(カリ石鹸)は、水酸化カリウム(苛性カリ)を入れて作ります。カリウム石鹸は水溶性がありジェル状になりますが、水を加えれば水溶液になります。ボディソープはカリ石鹸ですが水を加えているので液状となっています。


2)ナトリウム石鹸(固形)に比べ脂肪酸イオンが多い・・・つまり保湿力がより高い

カリ石鹸もナトリウム石鹸(固形石鹸)も水中で脂肪酸イオンを生じます。この脂肪酸イオンもすぐに水に不溶の脂肪酸に変って肌の角質表面に吸着しますが、すすぎでは洗い流されず肌表面に留まって保湿効果を発揮します。この点ではカリ石鹸も固形石鹸も同じですが、脂肪酸イオンを生み出す力はカリ石鹸に軍配が上がります。つまり、脂肪酸イオンが多いカリウム石鹸は、肌に吸着する(遊離)脂肪酸も多いので保湿力が高いと言えます。


3)カリ石鹸は元々、医薬品として病院などの医療機関で使われていました

カリ 石鹸は元々、医薬品として病院などの医療機関で使われており、製法は日本薬局方で厳格に定められ、原料は大豆油を用いますがオリーブ油からも作られます。用途として「湿疹を含む皮膚疾患に補助的に用いる」と解説にあります(局方第十改正)。効果は、「局所に適用し刺激を緩和させる。潰瘍・創面を保護し乾燥を防止」する、となっています。

※アセント石鹸のノンキャリーオーバーの無添加石鹸は、ピュアポタッシュとしてのブランド以外に、皮膚科・アレルギー科・美容外科のクリニックにOEM商品として皮膚疾患の方々へのドクターズブランドとしても販売しています。


4)洗い流し(すすぎ)が非常にラク

カリウム石鹸は、脂肪酸被膜が肌をカバーするので刺激がとても少なく、洗い流し(すすぎ)も非常に楽です。よって水道水(塩素)にさらされる時間も短縮でき、お肌に負担をかけません。節水効果も含め、一石二鳥です。


Q.ノンキャリーオーバーとは
ノンキャリーオーバーとは、石鹸の原材料であるオリーブ・椿・ヤシなどの栽培過程においても、化学農薬の化学物質不使用。さらに石鹸製造過程においても一切の添加物や不純物が入ってない完全なる無添加のことを言います。

ノンキャリーオーバー 一般的な「無添加」とは、そのほとんどが「香料・着色料無添加」、「旧指定成分無添加」の一部無添加のレベル。さらに、石鹸素地を作るオイルにあらかじめ合成防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤を配合しても、「石鹸素地」と表記するだけで良いので消費者にはこの経緯はわかるすべもありません(違法ではありませんが)。

また、石鹸原料のオイルで、「食用レベルのオイル使用」、もしくは「搾りたて」と謳っていない石鹸は、不純物を含む工業用の原料使用の場合が多い。ピュアポタッシュ製品は、HPLC(高速液体クロマトグラフィ)を用いて原料油脂に不純物がないことを確認した上で製造されます。


Q.ピュアポタッシュは泡の持続が弱いですが、どうして?
ヤシ油や起泡剤(添加剤)を入れればもっと泡立ちは良くなります。しかし、ピュアポタッシュは超敏感な方でもご使用頂けるようにヤシ油は最小限しかブレンドしていません。

泡があれば肌への摩擦が軽減されますが、泡立ちと洗浄力はさほど関係ないと思われます。泡の持続性が弱いのは脂肪酸の特性による場合や石鹸の使用量が少ない場合にも考えられます。泡立ちを良くしたい場合には、もう少々使用量を増やしてみてください。 また、脂性肌の場合も泡がすぐ消えますので肌質にも左右されます。個人差がありますので、スポンジなどを使用されてみてはいかがでしょうか。


Q.敏感肌やどんなアレルギーでも使えますか?
今までどんな洗浄剤も使えなかった方にもお使い頂けるクオリティではありますが、万人が使えるという意味ではありません。食物アレルギーのある方は、ご購入前に成分の原料油脂を必ずご確認ください。

金属アレルギーの方は、金属封鎖剤(エデト酸塩・エチドロン酸等)が入っていないから石鹸カス(金属石鹸)になった場合に不安に思われるかも知れませんが、国内では8割が軟水ですので金属封鎖剤がなくても大丈夫かと思われます。また、ピュアポタッシュは水溶性が非常に高いので、すすぎ時間(塩素にさらされる時間)が短いので肌の弱い方に向いています。

ひどいダメージを受けたアトピー肌等の方は、タオルはもちろんスポンジさえ使わず、石鹸を手に取り肌にやさしくなでながら洗う感じで使ってみてください。刺激を感じたら止めて頂くことをおススメします。ピュアポタッシュさえ使えない場合には、重曹泉の成分で洗うママプレマをおススメいたします。


Q.開封後3ヶ月以内に使い切れない場合腐ってしまうのですか?
ピュアポタッシュは容器に充填していますので、開封すれば直ちに空気にさらされ酸化が始まります。局方カリ石鹸や無添加カリ石鹸の知識がある方ならご存知だと思いますが、高級脂肪酸で製造される局方カリ石鹸は酸敗臭が強烈ですが、ピュアポタッシュは開封後3ヶ月以内では酸敗臭がほとんど出ない特殊製法です。未開封でも僅かな酸素の浸入により徐々に酸化されるので、使用期限は開封後3ヶ月かつ製造日より1年と設定しています。

たとえばピュアポタッシュの成分中のスクワレンは原料油脂由来の天然スクワレンですので、紫外線を防止する働きや、除菌作用もありますが、水素添加して安定化させたスクワランとは異なります。

デメリットとしては天然ゆえの酸化の問題もありますが、開封後3ヶ月以内かつ使用期限以内ならご心配は要りません。ピュアポタッシュは添加物を一切使用せず酸化を極限まで抑える高度な技術(PAT.P)がノンキャリーオーバーの無添加を可能としました。


Q.詰替えは無いのですか?
「ピュアポタッシュ」は全ての商品の原料にノンキャリーオーバー(一切の化学物質不使用)を使用しています。そのため開封して3ヶ月以上経つと脂肪酸そのものが空気酸化によって徐々に油臭くなってきます。
使い残りが少しでも容器にある場合、新しく詰替えたものと混ざって酸化を促進しますので臭いが出やすくなります。ですからあえて詰め替えは作っていません。

ピュアポタッシュは酸化防止剤(天然の物も含めて)を一切使わず酸化を抑制する高度な技術(製法特許出願中)を用いますので、現在のところ3ヶ月が目安(限界)です。さらなる技術革新を目指しています。

エコロジーの点からは少々心苦しいのですが、以上の事から現時点では「ピュアポタッシュ」の詰め替えは出さないことにしておりますので、ご了承下さい。