魂の商材屋は、『本当のオーガニック無添加』を気軽にお求め頂ける専門店です。 こちらをどうぞ  新商品  定番売れ筋  当店オリジナル

魂の商材屋 本店 自然・体・心の調和と融合 安心を極めるオーガニック&無添加専門店  常設 人気定番 カートをみる 8F 催事場 7F モリンガ 6F ペット 5F オリジナル 4F 環境 3F 美 2F 健康 1F 食品 魂の商材屋 本店 お支払い・送料について

当店オリジナル ヘアケア スキンケア 無添加石鹸 健康食品 米・雑穀 調味料 歯磨き キッチン お洗濯 魂の商材屋とは ご利用案内 商品選択基準 新規会員登録 会員様ログイン お客様の声 本気情報 新商品 定番人気商品 月間ランキング ブランド一覧 商材売り込み FAX注文 お問合せ
魂の商材屋フロアのご案内
こんにちは! __MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
【保有ポイント】__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
【会員ランク】__MEMBER_RANK_NAME__
      
【お届けについて】 魂の商材屋では、午前10時までのご注文で、在庫がそろえば即日発送可能です(土日祝休業)  詳細をみる  お届けまでの日数をみる

『魂の商材屋』 Information

【8F】 催事場

夏の肌トラブル解消法③ 『ニキビ』

夏の肌トラブル解消法③~秋突入編~

汗をかきやすく、べたつきがちな夏の肌。
過酷な 「紫外線」、「エアコンによるお肌の乾燥」、「テカリ」、「化粧くずれ」 など…。
夏のお肌にはトラブルがつきもので、悩みが絶えません。

また、そんなトラブルの絶えない季節が終わりを告げ、夏より少しだけお肌に優しい秋になるとついついスキンケアをサボりがちに…。

そんな季節の肌トラブルも、しっかりとお肌の状態を理解しておけば、トラブル知らずのお肌で過ごすことができますし、冬場の乾燥ケアにもスムーズにつなげて行くことも可能だと思われます。

今回は、夏の肌トラブルの原因<ニキビ>と、油断大敵な秋のニキビ対策についてご紹介します。
解決の一助となれば幸いです。

 夏ニキビの原因

原因1:紫外線
紫外線 は肌のバリア機能(表皮にある角質層が水分を蓄え、乾燥や外部刺激から肌を守る役割)を破壊してしまうことがあります。

バリア機能が破壊されてしまうと、肌の角質層に保持されている水分や油分が奪われやすくなり肌は乾燥します。 乾燥した肌はバリア機能を保つために、皮脂を過剰に分泌するようになり、その皮脂が毛穴に詰まることによりニキビができやすくなります。

また、バリア機能が低下した状態で紫外線を浴びると、肌は紫外線のダメージを防御するために角質がだんだんと厚くなる角質肥厚が進みます。 厚くなった角質は毛穴をふさいでしまうので、毛包に皮脂が詰まるようになり、結果ニキビの発生が起こりやすくなると考えられます。
 
原因2:汗や皮脂による雑菌の繁殖
汗をかくことによってニキビが悪化することはありませんが、夏は皮脂量が増えやすくなり、それによって毛穴も詰まりやすくなります。

また、汗を大量にかきやすいので、皮脂と汗が混ざり雑菌が繁殖し、その刺激によってニキビができやすくなります。

皮脂と汗で肌がベタベタした状態を放っておくと、肌のpHが崩れ、正常な弱酸性からアルカリ性に傾くため、殺菌力が低下し、ニキビの原因であるアクネ菌やブドウ菌が増殖しやすくなり、炎症を起こしやすい肌環境になります。

 夏ニキビの対策

ポイント1:肌を清潔に保つ
汗による雑菌の繁殖を防ぐために、出来るだけ速やかにこまめにふき取るのがポイントです。 湿らせたタオルやハンカチで擦らずに、優しく押さえるようにぬぐい、常に清潔な肌を保ってください。

また、汗や皮脂が気になるからといって、洗顔 のしすぎは肌の角質を傷つけ乾燥を招く原因にもなります。洗顔は、1日に朝夜の2回で十分です。

また、週に1~2回の コットンケア がオススメです。 洗顔後の清潔な肌に、コットン にたっぷり染み込ませ、軽く抑えながら毛穴ケアし、最後に顔全体を拭き取ります。 (※パタパタとパッティングするのではなく、毛穴の汚れをコットンに吸着させるイメージで、優しく抑えながら行ってください。)
清潔な肌を保つ石鹸とコットンケアのオススメセットはこちら
マグポーリン石鹸 と プレ化粧水フルボ の セット
マグポーリン石鹸 と プレ化粧水フルボ の セット

ポイント2:しっかりと紫外線対策をする
ニキビが酷くなる原因や新しくできる原因の1つが 紫外線 です。しかし、ニキビがあると毛穴をつめてニキビが悪化してしまうのではないかという不安から、日焼け止めを塗らずに過ごしてしまい、ニキビを悪化させてしまうこともあります。

特に、ニキビでお悩みの方は、外出時には必ず日焼け止めをつけるなどしっかりとした 紫外線対策 を行なってください。

オススメの無添加日焼け止めスプレーはこちら
アクアナチュラUVプロテクター
アクアナチュラUVプロテクター
1回のご使用は4~5プッシュ位が適量です。 お顔や首にスプレーしたあと、手でやさしく抑えるようにして肌になじませてください。手に取ってつけて頂いても結構です。

日差しが強いときは、3時間程度ごとにスプレーしていただくことをオススメします。

化粧水の後、メイクの仕上げ時、外出時、いつでもどこでも場所を選ばずご使用いただけます。

ポイント3:夏でも保湿をする
バリア機能が低下すると、皮脂が過剰分泌しやすくなるので、しっかりと保湿対策することが大切です。

肌が潤っていて、これ以上たくさん皮脂を出さなくても良い肌環境をつくってあげてください。 洗顔後は肌が乾燥するので、必ずたっぷりの 化粧水乳液 などで肌に潤いを与えてください。


ミネラルSPケアローション
ミネラルSPケアローション
藍スキンケアローション
藍スキンケアローション
 藍の乳液
藍の乳液

 秋ニキビの原因

原因1:秋の紫外線も要注意
夏が終わったとはいえ、秋口(9月)も 紫外線 の強さは夏のピーク時とほぼ変わらないのでまだまだ注意が必要です。朝晩は秋の気配を感じ涼しく過ごしやすくなりますが、日中は強い日差しが降り注ぐ中を、うっかり 紫外線対策 を怠ったまま薄着で外出してしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

紫外線は肌のバリア機能を破壊してしまうので、肌が乾燥しやすくなり、角質肥厚を誘発するニキビの大敵です。日焼け止めを使用するなど、秋以降も 紫外線対策 を続けていただくことが大切です。

また、夏の間に受けた紫外線ダメージの影響で肌のバリア機能が低下している時期なので、角質層にたっぷり水分を与え しっかりと保湿し、バリア機能を回復させてあげることが大切です。
原因2:秋からは乾燥の季節
秋の肌荒れの原因は乾燥による肌のバリア機能の低下によって起こる場合が多いと考えられます。

空気が乾燥し、角質層の水分が奪われることにより肌のバリア機能が低下していきます。 それによって角質層が硬くなりやすく、毛穴が開きにくい状態になり毛穴つまりが起こりやすくなるためニキビができやすくなります。 夏が終わりとともにすぐに冬の スキンケア に切り替えて、しっかりとした 保湿ケア をすることをおススメいたします。

 秋ニキビの対策

ポイント1:秋でもしっかりと日焼け止めをつける
夏の日差し程強くないからといって、紫外線対策 を怠ってはいけません。 まだまだ秋は紫外線量が多いと言われていますので、外出時はしっかりと 日焼け止め を塗るなどUVケアは忘れずにしましょう。

べたつかず・快適なケアができる無添加日焼け止めスプレーはこちら
アクアナチュラUVプロテクター
アクアナチュラUVプロテクター
メイクフィニッシュでご使用いただくのもおススメですが、乳液やクリームに混ぜてお手軽にUVケアをしていただくことも可能です。

普段ご使用の 乳液またはクリームに2~3プッシュ混ぜてオールインワンで塗りやすくなり、簡単UVケアが出来ます。手に取ったクリームに適量をスプレーし、指で軽く混ぜたあと、両手でお顔を抑えながら塗ってください。

ポイント2:しっかり保湿ケア
夏の紫外線によりダメージを受けた肌は、バリア機能が乱れ、ターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

秋は保湿による スキンケア をしっかり行い、肌に潤いを与え、バリア機能やターンオーバーの乱れを整えてあげることがポイントです。

特にバリア機能が乱れた肌は、潤いをキープする力が弱っていますので、たっぷりの 化粧水 で肌を潤し、乳液 で肌に潤いがキープできるようフタをしてください。

ミネラルSPケアローション
ミネラルSPケアローション
藍スキンケアローション
藍スキンケアローション
 エモリッチミルク
エモリッチミルク


特集「夏の肌トラブル解消法」は、全3回にわたってご紹介しています。ぜひ参考にしてください。
夏の肌トラブル解消法① 『乾燥、 炎症・シミ・シワ・たるみ 
夏の肌トラブル解消法② 『ベタつき、あせも
夏の肌トラブル解消法③ 『夏のニキビ・秋のニキビ


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

◆土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
◆平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
◆休業日でもネット&FAXでのご注文は24時間承っております。
◆各種お問合せは翌営業日に対応させて頂きます。

Norton
当店のショッピングカートは、「SSL」にて個人情報が暗号化され保護されています。

魂の商材屋の支店
魂の商材屋は、更にご満足頂けるショップに邁進致します。





サーチする:

ページトップへ