魂の商材屋は、『本当のオーガニック無添加』を気軽にお求め頂ける専門店です。 こちらをどうぞ  新商品  定番売れ筋  当店オリジナル

魂の商材屋 本店 自然・体・心の調和と融合 安心を極めるオーガニック&無添加専門店  常設 人気定番 カートをみる 8F 催事場 7F モリンガ 6F ペット 5F オリジナル 4F 環境 3F 美 2F 健康 1F 食品 魂の商材屋 本店 お支払い・送料について

当店オリジナル ヘアケア スキンケア 無添加石鹸 ミネラル 豆・ごま 調味料 歯磨き キッチン お洗濯 魂の商材屋とは ご利用案内 商品選択基準 新規会員登録 会員様ログイン お客様の声 本気情報 新商品 定番人気商品 月間ランキング ブランド一覧 商材売り込み FAX注文 お問合せ
魂の商材屋フロアのご案内
こんにちは! __MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
【保有ポイント】__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
【会員ランク】__MEMBER_RANK_NAME__
      
【お届けについて】 魂の商材屋では、午前10時までのご注文で、在庫がそろえば即日発送可能です(土日祝休業)  詳細をみる  お届けまでの日数をみる

『魂の商材屋』 Information

特集

紫外線対策について知りましょう!【魂の商材屋】

知っておきたい「紫外線」のこと
紫外線のイメージ画像
知ってるようで意外と知らない紫外線のこと。
紫外線の種類、SPF・PAって何?、 「しみ・しわ」 の原因は?、秋・冬は紫外線対策は必要ない?・・・
もっと気にしてほしい紫外線のことをまとめてみました。この機会にぜひ最後まで一読ください!

紫外線の種類について サンバーンとサンタン 紫外線量について
色素沈着が起こるメカニズム 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤 SPF値とPA表示
紫外線を浴びた後のアフターケア

 紫外線の種類について

紫外線には大きく分けて、3種類あります。
波長により作用が異なり、波長の長い方から順に 「UVA(紫外線A波)」 「UVB(紫外線B波)」 「UVC(紫外線C波)」 と呼びます。

このうち、UVCについては、地球のオゾン層が吸収するため地表には届きません。地表に降り注ぐ紫外線は 「UVA」 と 「UVB」 の2種類です。そのうち約95%を占めているのがUVAです。


◆UVC(紫外線C波)  
紫外線は波長が短いほど有害作用が強い性質があります。3種類の紫外線のうち一番肌に悪影響があるのは、UVCです。

UVAやUVBに比べて波長が短くて、悪影響も大きいため、皮膚がんの原因になりやすいとされています。

しみ、しわ、たるみの原因はもちろん、短時間当たるだけで遺伝子をボロボロに破壊するといわれる強力な紫外線です。

これまでは、オゾン層に吸収されて地上には届いていませんでしたが、近年問い沙汰されているオゾン層破壊により、今後はUVC が地上に届く可能性がないとはいえません。
◆UVB(紫外線B波)・・・「しみ」の主な原因  
UVBは、UVAのように肌の深部までは届かず、肌の表面で吸収されます。

長時間日光に当たり続けると表皮を中心にダメージを与え、肌に炎症(やけど)を起こします。

皮膚に対する刺激はUVAより強く、細胞の遺伝子(DNA)を損傷する影響が大きく、皮膚がんの原因にもなるといわれます。DNAが損傷すれば正常な細胞分裂が行われなくなり、肌老化を進行させます。

また、メラニン色素を増加させて日焼けによるシミ・ソバカスを引き起こします。

波長が短い分、UVAに比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約5%程度になります。UVBは4月から増え始めて5月から8月がピークで、それ以外は比較的少なめです。

日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけるだけで、ある程度防御することが可能です。
◆UVA(紫外線A波)・・・「しわ・たるみ」など老化の主な原因  
UVAは、紫外線の中で最も波長が長く、地表に届く紫外線のうち約95%を占めます。

UVAは皮膚の深部(真皮層)まで達すると考えられています。

体内にまで届くと活性酸素を発生し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えるといわれます。長時間当たり続けると、皮膚の老化が早まり、しわやたるみの原因になると考えられます。

UVAは雲やガラスを通り抜けやすい性質を持っています。窓越しに日の当たる部屋や車の中、また曇り空の日も雲を突き抜け、晴れの日と変わらない量が降り注いでいます。

また紫外線の量は季節によって変動します。UVAは5月から9月がピークですが、それ以外の月もピーク時の約50%の量が降り注いでいます。

つまり、10年・20年後のお肌を気遣われる皆様にとりましては、室内や冬場でもUVA対策は必要不可欠だと言えます。

 サンタンとサンバーン

日焼けは、紫外線を浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす 「サンバーン」 と、メラニン色素が皮膚表面に沈着する 「サンタン」 の2種類があります。


◆サンバーン  
サンバーンは主にUVBの紫外線が引き起こし、発熱、はれや痛みなどを伴い皮膚を赤く変化させ、炎症を起こすような日焼けです。サンバーンの発症はサンタンに比べ即時的なので、すぐに変化が現れ、皮膚は赤みをおびてきます。

UVBの波長はほとんど皮膚の表皮にとどまりますが、エネルギーが強いので痛みが強くなったり、赤く腫れたり、ひどいときは水泡まで生じてしまうことがあります。肌のDNAにも強い損傷が出るため、しみができやすい状況となります。
◆サンタン  
サンタンはUVAの紫外線が引き起こし、皮膚を黒く変化させる色素沈着による日焼けです。

UVAはエネルギーは弱いのですが、波長が長いため、皮膚の深い部分(真皮)まで到達します。紫外線を受けた体は、新たな紫外線から皮膚を守ろうという防御反応でメラニン色素を肌内部にどんどん作り出します。

UVAは5月から9月がピークですが、それ以外の月もピーク時の約50%程度の紫外線量が降り注いでいるので、春・夏だけでなく、秋・冬の 紫外線対策 も必要だといえます。

 紫外線量について

直射日光を浴びなければ、紫外線の影響を受けないですむかというと、そういうわけでもありません。

曇りの日で、快晴の日の50~60%、雨の日でも30%前後の紫外線を浴びています。

このように曇りや雨の日でも意外にたくさんの紫外線を浴びているので油断はできません。


◆年間の紫外線量の変化  
日本では、太陽にいちばん近い夏至のある6月が、紫外線のピークになりますが、6月はちょうど梅雨にあたるため、晴天の日が少ないので5月よりも紫外線量が少なくなります。

しかし晴天の日が少ないだけで、晴れている日の紫外線量は真夏とはほとんど変わらないので注意が必要です。

UVBは季節によって変動が激しく、5月頃からだんだん増え始め、7~8月がピークになります。 夏に比べて、春・秋はその半分程度、冬には1/5程度になります。

一方のUVAは、年間を通して紫外線の強さはほぼ一緒です。それでも春から夏にかけて多くなるうえ、窓ガラスをも通します。UVAは冬でも夏の50%程度、2月でも真夏の紫外線量の80%もあるので、紫外線対策は1年を通して必要になります。
◆1日の紫外線量の変化 
一日の中で、紫外線が強いのは午前10時から午後2時頃です。できるだけこの時間帯の外出は控えるか、天候にかかわらず紫外線対策を行うことが必要となります。

UVAは朝の7時といった早い時間から少しずつ増え続け、正午前後がピークになりますが、夕方にかけてもあまり減らないので、1日通して日やけ止めなどの対策が必要です。UVAはガラス越しでも肌に届いてしまうので、室内であっても注意しましょう。

UVBは午前10時から午後3時の間が多い時間帯で、特に正午頃がピークになります。日やけ止めによる予防だけでなく、帽子や日傘などで強い陽射しから肌を守るようにしましょう。

1年中、季節や時間帯を問わず紫外線を浴びていることになるので、特に肌を気遣う方には、毎日しっかりとした紫外線ケアをおススメします。
◆天候による紫外線量の変化  
地表に降り注ぐ紫外線量は、天候によって大きく変化しますが、曇りの日でも、雨の日でも紫外線は降り注いでいます 快晴の日の紫外線を100%としたとき、晴れ98~90%、曇り60%、雨の時の紫外線量は約30%にまで減ります。

雲の厚さに比例して紫外線量は低下し、雨天時のような空に厚い雲がおおわれている時ほど紫外線量が少なくなります。 ただし、いくら雲が厚くても太陽が沈んでいない限り紫外線量はゼロになることはありません。

冬場の曇りの日であれば、紫外線量はかなり少なくなりますが、春、夏、秋にかけては曇りや雨天時でも多くの紫外線が降り注いでいるため、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。
◆場所による紫外線量の変化  
紫外線には直接浴びる 「直射光」 と、地面から反射される 「反射光」、空気中の細かな粒子などに反射する 「散乱光」 があります。

日陰にいれば直射日光は防げますが、反射・散乱した紫外線を浴びているケースもあります。 できるだけ広範囲の日陰に入ることで、直射光も散乱光のどちらも防ぐことができます。

紫外線は白い物に反射しやすく、反対に黒いものには紫外線は吸収されて反射しにくくなる性質があります。そのため、雪面などでは強く紫外線を反射し、反対にアスファルトなどはやや黒いため、あまり紫外線を反射しません。

例えば、ゲレンデなどでは上からも下からも紫外線の影響を受けることになります。

雪面では、天候が悪い日でも多くの紫外線を気づかないうちに浴びているケースが多く、特に天候が良い日では非常に強い紫外線を浴びて一日で劇的に日焼けしてしまうことがあるので注意が必要です。


【場所による紫外線の反射率】
以下は、直接浴びる場合の紫外線を100%とした場合の反射率を示しています。 日陰の紫外線はその約50%に半減します。

場所 紫外線を100%とした場合の反射率
雪面・ゲレンデ 80-90%
浜辺・砂浜・海岸 10-25%
水面・海面・海上 10-20%
コンクリート・アスファルト 5-10%
土・土壌の運動場・公園 10%以下
芝生・ゴルフ場 10%以下

 色素沈着が起こるメカニズム

皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」の3層からなっていて、この皮膚の一番外側になる部分が表皮です。

表皮は、外部からの刺激や水分の蒸散を防ぎ内部を保護する役割を担っています。表皮の厚さは0.1-0.3mmで、4つの層に分かれています。その一番下の基底層にある色素細胞(メラノサイト)が、シミなどの原因となっているメラニンを生成します。

メラノサイトは紫外線からの刺激を受けるとメラニンを大量に生成します。

メラノサイトはメラニンを蓄積することができないので、生成したメラニンは表皮細胞に放出されます。メラニンには紫外線を吸収する作用があるので、このメラニンを含んだ表皮細胞がバリアゾーンを形成し、皮膚とって有害な紫外線が皮膚細胞の奥深くまで達しないように守ってくれます。

紫外線を浴びなければメラニンの生成は減少し、元の正常な状態に戻ります。また、放出されたメラニンも新陳代謝のサイクルによって剥がれていきますので、時間の経過に伴い皮膚の色はもとに戻ります。

しかし、様々な要因で局所的にメラニンを大量に生成し続ける部位が出てくることがあります。これは日焼けによる色素沈着で、そのまま放置しておくとシミとなって残る可能性があります。

この現象は、新陳代謝が正常に機能していれば起こりづらいのですが、加齢とともに増加する傾向にあります。


 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け止めには、紫外線を遮蔽する成分によって分けると、『紫外線吸収剤』 と 『紫外線散乱剤』 の2種類があります。


◆紫外線吸収剤  
紫外線吸収剤は皮膚の表面で紫外線を吸収し、その取り込んだ紫外線を化学的に熱や赤外線などのエネルギーに変換して放出させます。そして紫外線が皮膚の細胞に侵入するのを防ぎます。


◎紫外線吸収剤のメリット
紫外線吸収剤のメリットは、汗に強く、紫外線を防ぐ効果が高いということです。

無色透明なので白浮きすることなく、塗り心地もなめらかで、使用感が良いのが特徴です。 ジェルタイプの日焼け止めには、紫外線吸収剤が配合されていることが多いです。 また、SPF50など紫外線防御力の高い、高SPF値を出すには必要となる成分です。


◎紫外線吸収剤のデメリット
紫外線を吸収しやすい化学物質が使用されています。

ですので紫外線吸収剤のデメリットは、防御力が高い分、肌への負担が大きいことです。

紫外線吸収剤が紫外線を吸収し、化学反応を起こしエネルギーを外部へ放出することによって刺激として働いたり、皮膚の水分が蒸発して乾燥を招いてしまうなど、肌へ大きな負担をかけます。UVクリームを使ったのに赤みが出た、肌荒れを起こした方がいるのはその理由のひとつです。

また、化学反応が起こるにつれて分子が壊れてしまうので、紫外線を防ぐ力が弱くなっていきます。 そのため、こまめに塗り直す必要があります。


◎紫外線吸収剤として使われているのは以下のような成分です。
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルなど
◆紫外線散乱剤  
紫外線散乱剤は、物理的な仕組みで紫外線を反射・散乱させて、肌に浸透するのを防ぎます。 ファンデーションなどに含まれる成分で、酸化チタンや酸化亜鉛などの白色の無機顔料がこれにあたります。


◎紫外線散乱剤のメリット
紫外線散乱剤のメリットは、紫外線吸収剤と比べて肌への負担が少ないことです。
紫外線を反射しても熱エネルギーを放出したり化学反応を起こすことがないので、構造が壊れにくく効果は長持ちします。

紫外線散乱剤は紫外線の種類を問わずUV-AとUV-Bの両方が防げるのも特徴です。


◎紫外線散乱剤のデメリット
紫外線散乱剤のデメリットは、白色顔料が使われるため白浮きしやすく、伸びが悪く重たい使用感が特徴です。
それによって、簡単に配合量を増やすことができないため、紫外線防御力はあまり高くありません。

また、水や汗にも弱いので、紫外線吸収剤と同様に塗り直しの必要があります。
粒子をナノ化することで白浮きを改善した商品も出ていますが、粒子のサイズが小さくなったことによる人体への影響はまだ不透明であるといわれています。


◎紫外線散乱剤として使われているのは以下のような成分です。
酸化チタン
酸化亜鉛など


【補足事項】
紫外線散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛が一般的に広く使用されていますが、屈折率・ 光触媒活性・塩基性等に問題があると考えられ、それに替わる、待ち望まれていた次の素材がアクアセリア(酸化セリウム)です。

レアアースの 1 種セリウム(Ce)を原材料とした、酸化セリウム(CeO2)別名「セリア:Ceria」と呼ばれる物質から生まれたい新しい化粧品用紫外線散乱剤。元来セリアは非常に優れた紫外線遮蔽効果を持つことが知られています。

アクアセリア(酸化セリウム)は、今後のUVケア化粧品の研究開発の幅を大きく広げるとともに、その使用感、機能性、安全性などから、潜在ニーズ、そして潜在ユーザーへの訴求を促進させる大きな可能性を秘めている紫外線遮蔽剤といえます。

※このアクアセリア(酸化セリウム)を使用した日焼け止め剤が、当店オリジナルの アクアナチュラUVプロテクター(8月18日予約販売開始!) です。

 SPF値とPA表示

◆SPF 
SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUVBの防止効果を表す目安の数値です。

これは、紫外線を浴びた際に日焼けして皮膚が赤くなる(赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)までの時間を何倍に遅らせることが出来るかを表した数値です。数値が大きいほどUVBを防ぐ効果が高くなります。


◎SPF数値
SPFの数値単位は、SPF1=約20分、サンバーン状態になるのを遅らせることが出来ます。
以下はSPF数値によりどれほどの持続効果があるかを示したものです。

SPF値 持続効果
SPF10 20分×10=200分(3時間20分)
SPF20 20分×20=400分(6時間40分)
SPF30 20分×30=600分(10時間)
SPF50 20分×50=1000分(16時間40分)

※肌に日焼け止めを塗り重ねた場合は、SPF値の高い方の数値が目安になります。
SPF10の化粧下地とSPF30の日焼け止めを塗り重ねた場合SPF40になるわけではなく、SPF30が最大の防御効果となります。

【注意】
日焼けには、紫外線の量が大きく関わっています。日焼け止めで日焼けをするまでの時間を遅らせることができたとしても、もともとの紫外線量が2倍であれば日焼けをする時間は早くなります。陽ざしが強ければその分速く日焼けをしてしまうので注意が必要です。

時間や天候、季節などによって紫外線の量は変動しているので、日焼け止めを上手に使い分けましょう。


◎SPF数値に対する量
SPF数値の測定方法は「国際SPF試験法」で細かく定められています。

この時間の目安は日焼け止めを 1平方センチメートル(1cm×1cm)当たり2mgずつ 皮膚に塗ったときの値となります。
顔全体の面積を約400平方センチメートルとしたときの日焼け止めの必要量は400×2mg=800mg となります。
g(グラム)換算すると 約0.8gの日焼け止めを塗る必要がります。

0.8gの目安量は 「乳液タイプなら500円玉位の大きさの量」、「クリームタイプならパール粒2つ分」 となります。

この適量を使用して初めて正しいSPF数値の効果を発揮してくれるということになります。
◆PA 
PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、UV-Aの防止効果を表す目安の数値です。
UV-Aによる皮膚の黒化(サンタン)をどの程度遅らせることが出来るかを示した表示です。


◎PA表示
PAの表示は+から++++の4段階で示していて、「PA+」なら日焼け止めを全く塗らない皮膚とくらべて、サンタンを2-4倍遅らせることが出来ます。

PA値 サンタンを遅らせる効果
PA+ 効果がある(2-4倍)
PA++ 効果がかなりある(4ー8倍)
PA+++ 効果が非常にある(8-16倍)
PA++++ 効果が極めて高い(16倍以上)
◆日常のシーンに適した数値の目安 
行動 SPF値 PA値
日常生活、買い物や通勤などの軽い外出 SPF10-20 PA+-PA++
屋外での活動や運動、レジャーなど SPF20-30 PA++-PA+++
炎天下での活動や運動、マリンスポーツなど SPF30-50 PA++-PA++++
非常に紫外線の強い場所 SPF50 PA++++

日焼け止めの選び方


SPFは、生活シーンに合わせて使い分けることが大切です。
重要なのは、時間ではなく、その場所での紫外線の量や自分の体質です。
短時間でも紫外線が強い場所なら数値が高いものをが望ましく、また時間経過による劣化や汗による流出などあるので、2-3時間ごとに塗り直したほうが良いと思われます。
◆紫外線の波長別まとめ 
UVA(紫外線A波) UVB(紫外線B波)
波長 315nm-400nm(ナノメートル) 280nm-315nm(ナノメートル)
紫外線量の割合 95% 5%
季節 5月から9月がピークですがそれ以外の月もピーク時の約50-80%の紫外線が降り注いでいます。 4月から増え始めて5月から8月がピーク。
特徴 UVAは、紫外線の中で最も波長が長く、地表に届く紫外線のうち約95%を占めます。

雲やガラスを通り抜けやすい性質があります。窓越しに日の当たる部屋や車の中、また曇り空の日も雲を突き抜け、晴れの日と変わらない量が降り注いでいます。
UVAに比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約5%程度。

日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけるだけで、ある程度防御することができます
日焼けの種類 サンタン(suntan)

サンタンはUVAの紫外線が引き起こし、皮膚を黒く変化させる色素沈着による日焼け。

UVAはエネルギーは弱いのですが波長が長いため、皮膚の深い部分(真皮)まで到達します。 紫外線を受けた体は、新たな紫外線から皮膚を守ろうと、防御反応でメラニン色素を肌内部にどんどん作ります。
サンバーン(sunburn)

サンバーンは主にUVBの紫外線が引き起こし、発熱、はれや痛みなどを伴い皮膚を赤く変化させ、炎症を起こすような日焼け。

サンバーンの発症はサンタンに比べ即時的なのですぐに変化が現れ、皮膚は赤みをおびてきます。

UVBの波長はほとんど皮膚の表皮にとどまりますが、エネルギーが強いので痛みが強くなったり、赤く腫れたり、ひどいときは水泡まで生じてしまうことも。
肌への影響 UVAは皮膚の深部(真皮層)まで達すると考えられています。

体内にまで届くと活性酸素を発生し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えるといわれます。

長時間当たり続けると、皮膚の老化が早まり、「しわ・たるみ」の原因になります。
UVAのように肌の深部までは届かず、肌の表面で吸収されます。

長時間日光に当たり続けると表皮を中心にダメージを与え、肌に炎症(やけど)を起こします。

肌のDNAにも強い損傷が出るため、しみができやすい状況です。

【当店オリジナルUVミスト登場予告】 べたつき・白浮き・重い・被膜感なしのノンケミカル日焼け止め
場所を選ばず超スピーディー 紫外線をブロックしながら美肌キープ 
アクアナチュラUVプロテクター(8月18日に新登場!)
 もう紫外線対策はクリーム・乳液タイプだけではありません!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

◆土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
◆平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
◆休業日でもネット&FAXでのご注文は24時間承っております。
◆各種お問合せは翌営業日に対応させて頂きます。

Norton
当店のショッピングカートは、「SSL」にて個人情報が暗号化され保護されています。

魂の商材屋の支店
魂の商材屋は、更にご満足頂けるショップに邁進致します。





サーチする:

ページトップへ