本当のオーガニック&無添加商品をどうぞ!

魂の商材屋 本店 自然・体・心の調和と融合 安心を極めるオーガニック&無添加専門店  常設 人気定番 カートをみる 8F 催事場 7F モリンガ 6F ペット 5F オリジナル 4F 環境 3F 美 2F 健康 1F 食品 魂の商材屋 本店 お支払い・送料について

当店オリジナル ヘアケア スキンケア 無添加石鹸 ミネラル 豆・ごま 調味料 歯磨き キッチン お洗濯 魂の商材屋とは ご利用案内 商品選択基準 新規会員登録 会員様ログイン お客様の声 本気情報 新商品 定番人気商品 月間ランキング ブランド一覧 商材売り込み FAX注文 お問合せ
魂の商材屋フロアのご案内
      
【お届けについて】 魂の商材屋では、午前10時までのご注文で、在庫がそろえば即日発送可能です(土日祝休業)  詳細をみる  お届けまでの日数をみる

本気情報

トリートメントとコンディショナーの違いについて


コンディショナーとトリートメントの違いについて




コンディショナーとトリートメントの違いは何?
コンディショナー・・・ その名の通り、「髪表面を整える」。ためのアイテム。

つまり、髪表面に滑らかさとツヤを与える成分を配合し、ツルっとした手触り良い感触を与えるもの。 一般的な、人工コーティング剤シリコン(メチコン・ジメチコン・シクロメチコン等)入りのコンディショナーがその良い例です。

店長が使うと、ツルツルというより、気持ち悪い「ヌルヌル」ですが(笑)

一方、トリートメントは、 髪表面の状態を整え、髪に栄養や油分を補い、ダメージをケアしながら本来の健康な髪に導くのが目的のアイテム。トリートメントにはコンディショナーの「髪表面を整える」機能も含まれています。

よって、トリートメントを使えば、コンディショナーは必要ないのではないか、というのが店長の結論です。但し、洗髪後にストレスがあるような場合には使うことをおススメします。(下記に記載)




トリートメントはどちらのタイプが良いのか?
トリートメントには、「洗い流さないタイプ(アウトバス)」も出回ってきています。

現在主流の、洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントはどちらが良いの?、ということになりますが、どうでしょう?

店長は、総合的に見て、「洗い流さない」タイプが良いと思います。

まずはコストの問題です。 コンディショナーもそうですが、洗い流すタイプは、その配合成分の約97%はお湯と一緒に流れてしまい、残るのはわずか約3%と言われます。

たとえば、3000円の洗い流すトリートメントであれば、わずか90円分お成分を髪に残すために3000円払う。2010円はお湯と一緒にお金も流している・・・。

せっかく配合した有効成分を洗い流すのは、97%分のお金を流してしまうようで非常にもったいない気がするのですが、皆さんそのように感じませんか?(店長は貧乏性だからかも)

さらに効果的な面でも当然大きな違いはあるでしょう。洗い流さないことで、潤い・栄養等の良い成分が長く髪にどどまるので、効果が必然的に違うはずです。

ただし、洗い流さないタイプをおススメする前提があります。

それは、髪(頭皮にも)に残してはいけない成分、つまり、 『石油系・人工シリコン・化学合成添加剤』 が配合されていない本当の無添加トリートメントであることが大前提です。

店長が考えますに、時代の流れと消費者の要請を加味しますと、洗い流すタイプから、「洗い流さないタイプ(アウトバストリートメント)」へと向かうのではないか、と予想しています。しかも、頭皮・肌に付着しても安心な、本当の無添加トリートメントが・・・。



トリートメントを使えばコンディショナーは必要ないの?
上述しましたように、トリートメントだけで良いとは思います。

トリートメントにはコンディショナーの「髪表面を整える」機能も含まれていますので。

ただ、以下のような場合には、リンスやコンディショナーの必要性を感じる部分もあります。
1)市販の合成シャンプーからノンシリコンの無添加シャンプーへ替えた場合

この場合、最初はきしみ等で大変不快な思いをすることになるでしょう。

たとえば、当店のユーザーにも多いのですが、大手メーカーの合成シャンプーから当店オリジナルのハッピーシャンプーに乗り換えた場合、人工シリコンが入ってないためきしみは感じ、髪がもつれる等の現象が起こる場合が多いです。

髪表面にへばりついた人工被膜が剥がれ落ちることで、『素の髪』 があらわになり、髪表面が荒れていればいるほど、水分量が不足していればいるほど、洗髪時の不快感は増すと思われます。

このような場合には、ダメージ回復が実感できるまでは無理せず、無添加コンディショナーも併せてご使用されることをおススメいたします。
2) 市販の合成シャンプーから石鹸シャンプーへ替えた場合

これは、上記以上にものすごいストレスを感じるはずです。

今まで、一般的な「石油系+人工シリコン+化学成分添加」の合成シャンプーをお使いで、石鹸シャンプーが良いと聞いたものだから、初めて使ってみた。

この場合、今まで経験したことがない、恐ろしいほどのきしみ、そして乾かした後のパサつき、ごわごわ、べたつきを感じるはず。このような場合には、石鹸シャンプー用のリンス、またはクエン酸リンスは最初は必要かと感じます。 リンスを使わないと、おそらく、石鹸シャンプーとはこれっきりご縁がなくなると思われるので。(笑) 

近年、リンスまたはコンディショナーとトリートメントを併用する方がより効果的と考える方も多くなってきているようです。シャンプー&リンスまたはコンディショナー&トリートメントという考えが結構 ヘアケアを考える方には多いとは思っております。

しかし、ヘアケアにかけるコストは無限大ではないはずです。
リンス&コンディショナー⇒ 「髪表面の状態を整える」、トリートメント⇒ 「髪表面&髪内部の状態を整える」  
 
トリートメントがリンス&コンディショナーの機能を含むことを考えるならば、当店では、トリートメントだけでも十分だと考えます。

ちなみに男性の場合、コンディショナーやトリートメントは不要で、「髪&頭皮の健康に良い安心シャンプー」+「ヘアミストやスカルプケア」 だけで十分ではないでしょうか。

過剰なヘアケアは、薄毛の原因にも繋がる場合もありますので・・・。

※ちなみに店長・佐藤は、リンス・コンディショナー・トリートメントの類は、テストや試作で試用する以外は日常では使いません。

再度、結論ですが、リンス&コンディショナーは使わずトリートメントだけでも良いと思いますが、シャンプーの変更等の事情によっては、使ったほうが良い場合もあります。




一般的なトリートメントはなぜ洗い流すのか?
ここまでのご説明で、およそ、 リンス&コンディショナー、トリートメントの役目はおわかり頂けましたでしょうか。

では、一般的なコンディショナーもそうですが、トリートメントはなぜ洗い流す必要があるのでしょう?

トリートメントの注意書きに「髪にトリートメントが残らないようにしっかり洗い流してください」と書いていたりします。髪にとって良いはずのものなのに、どうして洗い流さねばならないのでしょうか。


シャンプーを洗い流す理由は、「汚れを含んだ洗浄成分をキレイに除去するため」。リンス(またはコンディショナー)&トリートメントを洗い流す理由は、??。
リンスの目的が、『石鹸シャンプー後の髪を中和させるなど、シャンプー後の髪ケアを行う製品のため』、ということであれば、髪表面のアルカリが中和され、落ち着いたら洗い流す、という、洗い流す理由があります。

しかしトリートメントは、英語では「処置・治療・手当て」という意味で、そもそも毛髪を健康にする目的で考えられたものです。毛髪を健康にするものなのに洗い流してしまえば、配合成分の約97%は洗い流されほとんどが髪に残りません。それなのにどうして洗い流すのでしょうか?

その理由として考えられることは、
理由1
理由1
理由1 近年、リンスの代替品として使用する商品が増えてきた

シャンプーの後、リンス&コンディショナーより効果的なものとして、戦略的にヘアケアメーカーが「トリートメント」を位置づけたことにより、近年のトリートメントは「リンス(コンディショナー)+トリートメント」のような意味合いを兼ね備えた商品になっているため、洗い流す必要があります。

理由2 洗い流さなければならない成分が含まれている

洗い流さないトリートメントには、オイルタイプやクリームタイプ等がありますが、使用後ベトついたりするため、使用感が悪かったり、髪に汚れが付着するのではないかとの「使用性」で、あまり好まれないことが多かったため、「使用性」が比較的優れた洗い流すトリートメントが一般的になってきたのです。

理由3 洗い流すトリートメントの方が、使用感良く作れる

現在主流の洗い流すトリートメントには、(石油系)合成界面活性剤、人工シリコン(メチコン・ジメチコン・シクロメチコン等)や化学合成添加剤等が多用されているのがほとんどです。

その中でもカチオン系界面活性剤が主成分のトリートメントでヘアケアすると、髪が静電気を帯びないので広がりにくく、しなやかにまとまりますが、頭皮の健康上にはよくありません。

石油系合成界面活性剤や化学成分が頭皮を刺激したり、毛根に入ると健康な育毛を阻害する可能性があります。そのためにしっかり洗い流さなければならないのです。

理由4 洗い流しても髪に残り効果的な強い原料を使用している

上記「理由3」にも挙げてますが、約97%が流れても効果が期待できる成分が入っています。それは、ヘアケアにおいて効果・使用感は唯一無二といわれる「シリコン」。

シリコンは、言わずと知れた「人工コーティング剤」。シリコンを配合することで摩擦が減り、なめらかな仕上がりを実現します。また髪につやを与える効果にも優れており質感を良くすることが可能です。

コンディショナーもそうですが、一般的な洗い流すトリートメントには、ほとんどが洗い流されても残ったごくごく少量でさえ高い効果を期待ができる、生分解性の低い化学合成成分が使用されているのです。

わずかに髪に残ったごくごく微量でも確かに実感できる。これってある面スゴイことだと思いませんか?だから沢山の量を髪に付着させる必要はなく、洗い流さなければならないのです。

しかし、生分解性が低いので、人工シリコン入りのコンディショナーやトリートメントを毎日使用している限りは、いつまでも髪表面にへばりついてる、ということなのです。『素髪の健康』にとってそれが良いかどうかのご判断はあなたにお任せします。




時代は洗い流さないタイプへと向かう
本来トリートメントは、椿油 やヘアクリームのように洗い流さなくてもよいものもありましたが、時代とともに、さらなる「使用性」を求めた結果、しっかりと洗い流す必要がある製品になってしまったのが「洗い流すタイプのトリートメント」なのです。

それではこれから先、ヘアケアニーズはどう変わっていくのでしょうか。

店長が考えますに、

一度、手肌で覚えた良い使用感は皆さん譲れないところではあるでしょうが、

この先、 「洗い流すお金の無駄」もさることながら、『安心安全・健康美・コスト・エコ・・・』などの、来たる時代の要請を複合的に満たせる製品にこそ潜在ニーズがあり、取って代わられるのが自然の流れかと考えています。

よって、必然的に「洗い流さないタイプ(アウトバス)」へと、徐々に移行していくのではないか、と予想しています。

ちなみに、当店オリジナルの 『 ヘアリペアトリートメント 』 は、本来のトリートメントの原点に立ち返り、洗い流さず、髪の健康美を取り戻すために作った無添加トリートメントです。「洗い流すトリートメント」のデメリットを解消し、良い点を可能な限り残した「洗い流さないトリートメント」を目指しました。

自然由来成分だけでの成分構成。天然シリコンともいわれるブロッコリーオイルやセラミド等を配合し、自然のツヤを出し、健康美髪を育める内容で作り上げました。

スプレータイプの無添加トリートメント 『 モイスチャーヘアケアミスト 』 もございます。ぜひ一度お試しになられてみてください。




カレンダー
  • 今日
  • 定休日

◆当店の営業は平日AM9:00-PM5:30までとさせて頂いております。
◆土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
◆平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
◆休業日でもネット&FAXでのご注文は24時間承っております。
◆各種お問合せは翌営業日に対応させて頂きます。

Norton
当店のショッピングカートは、「SSL」にて個人情報が暗号化され保護されています。

魂の商材屋の支店
魂の商材屋は、更にご満足頂けるショップに邁進致します。





サーチする:

ページトップへ