魂の商材屋 本店 自然・体・心の調和と融合 安心を極めるオーガニック&無添加専門店  カートをみる 1F 食品 2F 健康 3F 美 4F 環境 5F オリジナル 6F ペット 7F モリンガ 8F 催事場 魂の商材屋 本店

【お届けについて】 魂の商材屋では、午前10時までのご注文で、在庫がそろえば即日発送可能です(土日祝休業)  詳細をみる  お届けまでの日数をみる
【おせち予約受付中】これぞ伝統と素材活かした無添加おせち!
【特集:冬の乾燥対策】 乾燥肌対策おススメ商品をご紹介!
【湯上り直後の肌乾燥予防】 モイスチャーエッセンスオイルにお任せ!
ダントツ一番人気!元祖ハッピーシャンプー
美容液グレードの
高濃度 
無添加保湿乳液エモッリチミルク
モリンガ

魂の商材屋とは

魂の商材屋の真髄

魂の商材屋の真髄


まずはじめに 
タイトルライン

中途半端な商品を何千・何万アイテム揃えることに何ら魅力は感じません。
徹底的な商品を揃え、徹底した心をもってご紹介し、買っていただけることに至上の喜びを感じます。

お客様にそれなりの商品や情報を提供するのであれば、我々は商品知識・販売哲学を持ち、
常に人間を高める努力を怠ってはならない。言うなれば、商売は人生哲学具現化の場所と心得る。


端的に申し上げると、これが 魂の商材屋の真髄

のっけからいきなりで大変失礼しました。
ようこそ安心を極める無添加専門店『魂の商材屋』においでいただきました。
星の数ほどあるネットショップの中から魂の商材屋を選んでいただき本当に深く感謝申し上げます。

私は、このショップの店長佐藤と申します。はじめまして!

私の挨拶を兼ね、「魂の商材屋」を通して皆さんに心からお伝えしたいこと、そしてこのショップで実現したいこと等についてお話させていただこうと思います。少々長い文章ですが、おそらく読まれるのは最初の1回だけでしょうから我慢して目を通していただければ幸甚です。

ず、皆さんの記憶に留めておいて欲しいことがあります。それは。。。

知らないと損をする

ということです。世の中には知らないことが沢山あります。特に知らなくても生きる上で差しさわりのないこともあります。
しかし、“知っておくべきことを知らない” というのはある面、致命傷をこうむる可能性があります。
今の世の中は、さまざまな点で、知らないと損するような仕組みになっています。逆に言うと知ってる人だけが得をするわけなんですね。
知らないと様々な不安を抱えたり、悩んでしまうこともあります。知ってさえすればそんなことはないのに。。。
そうなるとストレスを抱え、健康や美容への影響も少なからずあるでしょう。

このショップのカテゴリーは、「環境・健康・美」ですので、多方面の題材を取り上げる余裕と時間はありません。
ただ、この「環境・健康・美」の中でもとりわけ、「健康と美容」に関しては、知っておいて欲しい事が多々あります。
この業界は、「口に入れたり、肌に直接つけたり」する製品が多い、だからこそしっかり知っておくべきことを知らないと単なる無駄金使いだけでは終わらないこともある。体に悪影響を及ぼす危険性をはらんでいることを、十分認識していただく必要性があります。(なってからでは遅い!)

知っておくべきことを知って、自分で判断し、先手先手の対処をしていく。芸能人を使ってイメージだけで買わせようとするTVCMの類や、雑誌などのちょうちん広告などでは動かない。気になったものは衝動買いせずしっかり情報収集し、本当に必要なものであれば買う。
これが無駄金使いをしないコツ。そして、これが出来る消費者を『賢い消費者』 と私は考えています。
これから税金はますます上がっていくでしょう。可処分所得が少なくなる分、無駄金使いは絶対禁物!だと肝に銘じる必要があります。(これ基本ですよ!)
(無駄金使うお金があれば将来設計の投資にでも回したほうがよほど賢い)

そうなんです、この「魂の商材屋」を通して、私がやるべきことのひとつは、ユーザー皆さんに
賢い消費者になっていただくこと。

そのためにも貪欲な知識の吸収は必須。(知識がないと判断材料さえない)。そのために私の知る、そして考える健康と美の情報を惜しみなく提供します。
さらに、私が今までの人生で“幸せに生きる”ということを目標にし、実践して役立ってきたこと、そして間接的ではありますが、読んでみて人生にプラスになった「本」などをご紹介します。読書は、知識・人間性の拡張に非常に重要ですので、良書を探してぜひ読んでください!

そして知識の吸収と併行して能力が開花してくること、それは。。。

ものごとの本質を見極めること!

ちょっと難しいですか?しかし、これも賢く幸せに生きる上で非常に大事なことです。
ものごとの裏(または深い部分)に隠された真意を掴み取りる能力です。これができれば、氾濫する情報(商品情報もそう)の取捨選択、およびこれからの時代の流れ、そしてそこであなたが向かうべき方向を自分の意思できめることガ出来るようになります。
往々にして、世の中、世間、情報に流され、会社に流され、人に流される人がなんと多いことか。そこには自分の意思は介在しないのか?と思わせるほど。
人生はあなたのものです。あなたの人生を謳歌していただくためにも「ものごとの本質を見極める」能力は、幸せなあなたの人生を(あなたの家族、周辺も)送るためにも、今後ますます必要な能力のひとつとなるはずです。

ただ、漠然と楽しいだけの刹那的人生ははかないもの。長くは続きません。
そして、漠然と生きる人生が心から楽しいと思いますか?(何も考えないほうが良いこともたまにはあるが)
長い人生を見すえながらも今が楽しい!そんな毎日であって欲しいと、店長は心から願っています。
皆さんとは直接お話しする機会は、多くはないと思います。しかし、商品や情報を通じて、『心の栄養そして幸せへの道しるべ』を理解していただき、そして喜んでいただけるのであれば、これほどの私の幸せはありません。

さて、ここからが本題です。(前置きが長くてちょっと疲れた?)
私のショップ運営の考え方、そしてショップの全体像を掴んでいただけるはず。以下2点について書いています。

商売についての私の哲学
健康と美のありかた、考え方


商売についての私の哲学 
タイトルライン

現在、私は魂の商材屋というネットショップ(お店)を営んでいます。
確かにモノを売ってはいますが、私は製品を右から左に流すだけの単なる物売りではないと自分では思っています。(上に書いてますよね)
(自称:ベターライフ・アドバイザー ※「ライフ」は生活というより、「人生」の意味)
モノを売る前に私の考え方(または「思想」)を売っています。そして、私の考え方に合致するサービスと製品を提供しています。
私のその考え方というのは自分の生き方につながります。人生そのものだとも言えます。そこに妥協の入る余地はありません。
なぜなら、製品やサービスに妥協するということは、自分の人生に妥協することに他ならないからです。

魂の商材屋が販売している製品自体は特別なものではありません。
確かに逸品であろうかと確信はしていますが、世の中に1つしかないものでもないし、金粉をまぶして豪華絢爛にしているわけでもなく、また世の中でうちでしか扱えないモノでもありません。同商品を販売しているショップも多々あります。
ただ、お店のコンセプト、見る観点が他と少々異なっているのでは?とは感じています。

「環境にやさしい美容商品」「肌に刺激が少なく優しい」「ナチュラル成分「動物実験をしていない」・・・などでの切り口での運営主は多いようですが、弊社は「健康と美」は表裏一体・同一線上にあるとの前提に立っています。
その観点から、美容商品においては、『身体に害を及ぼす危険性が極めて少なく、真の健康美を目指せるもの』を販売コンセプトに掲げ、“まず健康ありきの美”であることを強く訴えているのが弊社の特徴です。

よく「美と健康」という言葉は使われてますが、別々のカテゴリーと意味合いに考えられているようです。
私はそうではないんじゃなかろうかと思います。美容商品においても、まず身体にすべて安全な成分使用の商品かどうか、そして見せかけだけのはかない美を追求するのではなく、本当に健康的な美を育める商品なのかどうか・・・まずそれを考慮し、健康第一との観点に基づいた美容商品の選択をしています。
だから弊社は、「美と健康」ではなくあえて「健康と美」という表現にしているのです。

話は変わりますが、吐いて捨てるほどある巷の商品の中でも、残るもの(ロングセラー)とそうでないものがありますね。
その差はいったい何だと思いますか?

メーカーや販売会社の考え方は様々、そしてそれを買う消費者の心理も様々。
新しいものをどんどん作り続けながら、消費者の購買心理をあおる販売手法のメーカーは未だに多いですよね。
どんなやり方が一番良い!なんてことはないです。企業各々の考え方は異なるでしょうから。
ただ、近い将来、大量生産・大量廃棄は時代遅れ⇒時代錯誤 になるでしょう。賢い消費者もそんな企業には見向きもしなくなるはず。逆に企業評価は下がっていくでしょう。
時代の自然な流れとして、長く使える耐久性のある商品を求めるようになります。そして、人口減も伴い、絶対購売者数も減ることも相成って、企業売上は減少する傾向にはなるでしょう(でも長く使える良い商品なら価格を上げることで利益は上がる)。そういう時代のあるべき流れを半数以上が感じたときはじめて、企業人として、そして個々人としての自分の生き方、また家庭の大切さ、本当の幸せとは何なのかをじっくりと考えなければならない時がもうすぐ必ず訪れるはずです。(賢い消費者の皆さんはもう実行に移している段階かな?)

さて、他はどうあれ、私の製品選別の基準は以下の2点。

本質を見極めた製品かどうか
世の中に迎合せず、消費者のかかえる問題に的確にお応えできる製品かどうか

上の「本質を見極めた製品かどうか」ということに関して説明をします。
まず言っておきたいことは、単なる、「環境、体、お肌にやさしい商品」ではないということ。
「どういう風に良いの?なぜそれが良いといえるの?その根拠は?それを売る自分の思想に矛盾してないか?本来あるべき世の中の流れに合っているか?」。
まずこれらを明確にします。そして自問自答します。
そして、矛盾なく、私の心の奥深くでOKが出た場合にはじめて、“よし売るぞ!” という決意に達します。(いつもこの過程を経てます)

世の中は、見えない部分で(深層心理で)ではつながっています。
人為的、表面的な方向性としては、『便利さ』をより追求し、より簡便にすることで顧客の購買ニーズ、購買心理をくすぐっていますが、本質的な世の中の流れとしては、そうじゃないはず。今の目に見える流れが、本来あるべき(自然の摂理としての)流れではないと考えています。
ここで、その考えの全てを書き記すと長くなるので、簡単に言うと、「便利さを追求したその弊害はナンですか?」「それでもあなたはもっと便利な世の中を求めますか?」「その行き着いた先のイメージが頭に浮かびますか?」ってとこでしょうか。あなたはイメージ浮かびますか?今の世の中の延長で良いと思いますか?
「良い!」と思う方は、私の思想とは合わないかもしれませんね。

商品選別をしていると、上記を満たす製品は意外にも少ないことに気付きます。
魂の商材屋に並んでいる製品は、数ある同類項から選びぬいたものとご理解いただいて結構。(裏でこの10倍近い商品の中から選んでいる)
それこそ何千、何万と商品を数多く並べて売るのは、そんに難しいことではないのです。

最高に難しいのは “選びぬくこと” なのです。

1万商品を羅列するよりも、“100ある中から1つ選び出す” 。これが非常に難しい。

やみくもに並べるのは簡単、しかし、それでは魂の商材屋の名がすたる。(すぐに1000商品並べたほうが売上ももっと上がるだろうけどね)
単純な売上思考であればそれでも良いだろう。しかし、まず私の考え方(思想)を理解していただくことで“買っていただける”、という考えの元で商売を行っているので単なる商品羅列はありえない。そして今、自分のやり方、方向性は間違っていない!と改めて確信している次第。
これもひとえに賢い消費者が増え続けているおかげかな?とも思っています(私の頭の中で段々良くなっていく日本がイメージできますよ)。
また、最後に「製品」と「商品」の違いについて。皆さんはこの違いは何だと思いますか?

私は、このように考えます。

製品 + 情報 + サービス = 商品

製品のバックグラウンドになり得る付加価値情報がないと、「商品」とはなり得ないと考えます。 特に「情報」は大事だと認識しています。


健康と美のありかた、考え方 
タイトルライン

『健康と美』は老若男女を問わず永遠のテーマ。
たとえば、健康を例にとると、年々増える、医療費の増加、ガンやアトピーほか難病の増加。ガンは1950年代の約3倍まで増加(毎年増加で歯止めがかからない)。また、皆無だった病気も増加している。その理由・原因は?その実態?その背景は?・・・何なのだろう?
誰もその原因は特定できないでしょうが、要因となるものは以下でしょうか。

1. 食生活

   一番大事。人間は食べたものでしか身体を構成できません。
2. 生活環境

緑の減少、土の減少、二酸化炭素の減少、オゾン層破壊紫外線増加、窒素酸化物の空気中濃度増加、
   住宅建材・接着剤など有害化学物質使用⇒マイナスイオン減少、プラスイオン増加…etc
3. 職場環境

   ストレスにさらされている?
4. 生活習慣

   深夜営業の店増加。体内時計の狂い生じた?
5. 使用している生活用品

   合成洗剤、シャンプー、石鹸など再生不能、再生が長期な有害化学物質や化学薬品の家庭排水からの垂れ流し

   ⇒ 環境汚染⇒飲み水
6. 生活態度

   日本の素晴らしい行く末のイメージができないために自暴自棄になっている人も?
7. 心の持ち方 (生き方) 



上記の中で最も大切なのが1番目。それ以外は複合的に絡み合っていて、どれを解決すれば現状回避できるというわけではないようです。



健康と美は、 健康>美 の関係にある

私の健康、美の考え方の基本は、健康>美。まず健康ありき。健康であることで美が成り立つ という考え方を推し進めています。
端的に言うと、健康と美のカテゴリーを取っ払って別の1つのジャンルにしても良いくらいです。
単に化粧品を売るということ前提の美であれば、美容というジャンルもあるでしょうが、健康な美素肌を作る目的であれば、それは健康のジャンルなわけです。病んでる肌にはどんな高価な化粧品を使っても無駄。
そして、『化粧品は美肌を創るものではない』ということを認識していただきたい。
健康な素肌は、健康な体(細胞)から構成されるもの。そして、本来あるべき(年齢相応の)素肌が形成されるべきだと考えるのが妥当であろうと考えています。例えば、「アトピー」。弊社への問合せが多い相談事の1つです。複合的要因が絡み合っているでしょうから原因特定は困難でしょうが、この対処法も肌だけの改善を目標に置くのはこと足らず。おそらくは内面の機能に問題があるはずで、体の機能の正常化と肌改善の両方を同時に行う必要があり、実際、弊社ではその両者の観点からアドバイスや商品提案をしています。
ここでも、目先の対処ではなく根本的な本質を見ることの大切さが問われます。

魂の商材屋では、『本当の健康と本来あるべき美』 を追求しながら、関連情報提供と商品を販売します。
販売商品も当然ながら、長期にわたっても体に悪影響を及ぼすものではないものが前提です。
※人間の、自然の摂理に逆行する類の美容商品などは残念ながら扱いません。



栄養素不足が病気をまねく?

健康関連ですが、今後何かしらサプリメントと共存せざるを得ない世の中になると予想しています。
それはなぜかというと、食物自体の栄養素の減少で、他からの栄養素を補給せざるを得ない状況になるつつある現状があるからです。
その背景には、「土作りを怠った現代農法(全農家がそうというわけではありません)」「カロリー偏重主義」「間違ったダイエットの横行」などがあげられます。
野菜の栄養素のここ数十年、限りなくゼロに近づいています。
やはり生産効率を優先した現代農法は指摘されるべきでしょう(しかし、どのメディアも取り上げないのが非常に不思議。聖域なのかな?)
そして、栄養素の減少と、生活習慣病をはじめとする病気の増加、医療費増加の密接な関係があるものと私は考えています。
歯止めをかけない限りは、この傾向は続くでしょう。そして、農業改革は国策でもあるので当意即妙な改革は無理。
となると、栄養素不足はサプリメント(健康食品)で補わざるをえないと予測されるわけです。
サプリメント大国のアメリカは、保健制度がないので自分の身は自分で守る習慣が身についています。健康に対する根本的な考え方が日本と違うわけです。病気になった後で医者、薬に頼るだけの日本とは異なり、アメリカでは、最も大切な食事の栄養面に配慮し、健康食品で予防している理由もうなずけます。そしてその結果どうなったか。1990年代からアメリカではガンが減少し続けています。一方、日本では天井知らずで増加しています。今こそ、歴然とするこの事実、この差の理由を考え、そして実践すべき時なのではないでしょうか。ただ、この点において、日本の国レベルでの対処は早々には期待できないはずなので、賢い消費者の皆さんから実践していくしかありません。そのために弊社は尽力していきます。



店長のサプリメント(健康食品)の考え方

健康食品に関しては、単体成分のサプリメントを摂取するのは後で良い!というのが自論です。
たとえば、ビタミンでいうとビタミンCならCだけ、EならEだけ、カルシウならカルシウムだけ、鉄なら鉄、亜鉛なら亜鉛、ギャバ(γ-アミノ酪酸)ならギャバだけとか。
そのような単体成分だけを摂取しても効果は薄い、逆に危険とも考えます。
身体の組織は、そんな単純な構造ではない。そして、栄養素は基本的に食物から摂取することが基本だから。
つまり、どういうことかというと、たとえばイチゴやキウイにはビタミンCが多い。しかし、イチゴを食べたからといってビタミンCだけが摂取されるわけではない。
さまざまな、ビタミンや微量ミネラル、そしてまだ知られてない有効成分などが複合的に絡み合って体細胞に働きかけて健康な身体を維持していくのである。

私は、野菜や果物は自然の「クスリ」であると考えている。しかし、昨今の栄養素不足から十分な摂取がままならないために、それに代わるものを提供しなくてはならなくなった。それがサプリメントをはじめとする健康食品である。だから、買うのであれば単体成分のサプリではなく、様々な微量栄養素までもが含有されている総合栄養(機能)食品をお奨めします。
しかし、原料が異なるものの寄せ集めや成分バランスの良くないものは論外。海なら海、植物なら植物からまるごと、そっくりそのまま全成分が抽出された食品を使用されること強く推奨します。
海のミネラル、天然植物の粉末や健康茶、などがその筆頭。そして、それらでまず、体全体の機能調整を図ります。それから、体に不足している思われる単体成分のサプリメントを補給していくのが健康食品のあるべき選択の順序だと考えます。
人間の体は自然の一部、自然の摂理によって生かされています。自分の力が足りない場合には、大自然にそまるごとゆだねれば良いのです。逆にそれに勝る方法はないと確信します。
そのような考え方なので、ショップに置く商品も必然的に、“まるごと自然からの頂き物”が殆ど。
人間の都合で意図的に組み合わせたアンバランスな商品は置きませんし、今後も置く予定はありません。

健康維持(予防医療)として摂取されている、 ”賢い消費者” のあなた方は、このような認識を持って健康食品を選別をされることをお奨めします。必ずお役に立てるはずです。



現代医療(西洋医学)と民間療法(代替医療)の融合(統合)について

西洋医学的な考え方は、全体から部分を見ずに、個を見る。そして病気の改善ではなく、一時的な処置(対症療法)なのである。

これはひとつの例ですが、世の中すべてのことに当てはまります。あなたの仕事にもね。
会社で何かトラブルがあった場合に、一時しのぎのクレーム処理で終らせて安堵してるとまた同じようなことが起こってしまう。
「何度同じことやったら気がすむんだ~!」なんて上司から怒鳴られた経験ありませんか?
この場合、クレーム処理は終ったが、そのクレームが発生した根本原因を解決してなかったからまた同じことが起こってしまうのです。
これが、現代医療の限界、対症療法の弊害なのです。上記のような「対処療法」だけでは、根本的な解決にはなっていません。

これからの時代は、ますます全体から個を見渡せる能力が必要になってくるはずです。
要は、西洋医学的な考え方から、いわゆる東洋医学的(代替医療の最たるもの)な考え方の移行、いや正確に言うならば「西洋医学と代替医療の融合」が必ず主流な考え方なっていくと思います。
片方で解決できないことでも、互いの良いところを「相互補完」の形で解決できるという新しい流れにとって変わられるはず。

アメリカでは、代替医療の考え方や実践も日本よりはるかに進んでいます。先に述べたように、アメリカではガンが減少しているが、日本は軒並み増え続けている現状があります。この差はいったい何なのか?を今こそ考えなくてはなりません。
まず、『医者は病気を直せない』ことを認識すべき必要があります。医者が出来るのは、“検査、病気特定、手術、薬剤投与”だけ。手術、薬剤では一時的な対処であり、根本解決にはなってません。現代医療に過剰な期待を寄せるのではなく、“自分の身は自分で守る”心構えがこれからの時代必須になってくるでしょう。
そのためには、学ばなければなりません。

“学んで、物申せる人”・・・これが弊社が望む賢い患者(消費者)なのです。

いかがでしたか?少々難しい点もあったかと思いますが、何かしら感じていただけましたか?。
もっともっと書きたかったのですが、あとは、サイトを通しながら着実に1つ1つ実践していくだけです。
それでは、『魂の商材屋』 を今後とも宜しくお願い申し上げます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • ポイント5倍キャンペーン

◆土日祝の営業・発送はお休みを頂戴しております。
◆平日10:00までで在庫あるご注文分は当日発送可能です。
◆休業日でもネット&FAXでのご注文は24時間承っております。
◆各種お問合せは翌営業日に対応させて頂きます。

Norton
当店のショッピングカートは、「SSL」にて個人情報が暗号化され保護されています。

魂の商材屋の支店
魂の商材屋は、更にご満足頂けるショップに邁進致します。





サーチする:
魂の商材屋本店

ページトップへ